Work Innovation

Strategy
アイドマ・ホールディングスのビジョン「世界の可能性を広げる」。

「少子化問題」

2005年、終戦の1945年を除いて初めて日本の総人口が前年を下回り、今もなお減り続けています。少子化が進むことで労働力人口(15歳~64歳)の減少に繋がり、2010年には8000万人以上いた労働力人口は2020年には6700万人、2030年には6200万人まで減少すると想定されてます。

弊社の考え:「少子化を止める」ことではなく「潜在労働力の活用」です。

Business
「業務支援」と「就労支援」の2つを軸にして”Work Innovation“を起こす事業を展開。

アイドマ・ホールディングスの未来

日本を含む多くの先進国は、ますます少子化が進んでいきます。少子化が進む事により、労働人口は減少していきます。労働人口が減少する事により、企業の業績低下、経済の低迷、社会保障の財源が減っていくため、労働年限が伸びていく事が予想されます...

新卒採用にかける想い

新卒採用は就職する学生の可能性と、企業の可能性を繋げる活動だと考えています。これからの社会は、少子高齢化に伴い、今までとは想像出来ない市場や経済の変化が待っています。未来を生きる我々は、今までの常識を捨て、自ら機会をつくり、変化を...