営業ナレッジ

「地図で顧客を育成する」GEOCRMの評判は? 機能・料金プランも一挙ご紹介

CRMやSFAを導入する営業組織が増えているなか、ツールもさまざまな種類が開発されています。

種類が多すぎて「とにかく機能が多いものを導入しよう」「安ければ安いほどいいから、一番安いSFAにしよう」などと曖昧な理由で選ぶ方も少なくありませんが、それでは自社に合っておらずに失敗してしまう可能性が高いです。

そこで、今回は訪問営業・フィールドセールスをメインにしている営業組織におすすめのツールをご紹介します。

それが地図を用いた顧客管理ができる「GEOCRM」。本記事ではGEOCRMの基本機能や料金プラン、そして評判をまとめてご紹介します。

GEOCRMの導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

GEOCRMは地図×顧客管理 フィールドワーカー向け最新情報を集約

「GEOCRM」とはナレッジスイート社が提供しているCRM/SFA。訪問や外出が多いフィールドセールスが使いやすいよう、モバイルでのユーザビリティーに優れているツールです。

GEOCRMの最大の特徴は、地図上に顧客情報を表示するというポイント。位置関係から営業スケジュールを立てたり、空き時間に近くの顧客に訪問したりするなど、営業効率をアップさせてくれます。

また地図上の顧客アイコンは、契約満了日や最終訪問日で色別アラートも可能。視覚的・直感的に顧客の状況を把握できるため、現場の効率がさらに向上します。

GEOCRMの機能

GEOCRMは地図を活用して営業活動を促進するSFA。具体的にどのような機能があるのかご紹介します。

エンゲージメントマップにヒアリング・数字など顧客の情報を集約

GEOCRMに搭載されている「エンゲージメントマップ」とは、地図上に取引先企業の位置を示し、さらに色別で顧客の状態を可視化できる機能です。

訪問などでヒアリングした内容をシートに入力して蓄積していくことで、顧客カルテという顧客のデータをアップデートしていきます。その顧客カルテを基にして地図上にビルアイコンが表示されます。

ビルアイコンは従業員数や契約金額などさまざまな項目で絞り込み加納。さらに指定した条件で色別することもえきるため、顧客の状態を直感的に把握できるのです。

アラートビューイングで顧客の状態を可視化

営業職は新規開拓に時間を取られて、既存顧客のフォローが遅れてしまうということもあります。そこでGEOCRMの「アラートビューイング」機能を活用して既存顧客への対応状況を可視化することができます。

契約更新日が迫っている顧客や、最終訪問日から日数が経っている顧客などを絞り込むことが可能。

新規開拓で訪問営業をする合間に訪問すべき既存顧客を把握することができます。

競合情報も地図上に表示 便利な参照情報も集約

競合製品を導入していることをヒアリングできていれば、どの顧客がどの製品を利用しているかを地図上に表示することができます。顧客の業界・業種や従業員数などで絞り込むと、どの競合製品のシェアが高いのかを分析できます。

地図上にそれらの情報が集約されているため、訪問予定を立てたり提案を考えたりする際にも便利です。

GEOCRMの料金プラン

GEOCRMが気になる方は、毎月の利用料金や導入の初期費用などが気になりますよね。GEOCRMの料金にはどのようなプランがあるかご紹介します。

料金はスタンダードとプロフェッショナルの2種類

GEOCRMの料金プランは「スタンダード」と「プロフェッショナル」の2種類が用意されています。

プロフェッショナルプランでは外部サービスとのAPI連携機能がありますが、スタンダードプランではAPI連携をすることができません。

自社にとって最適なプランを選択しましょう。

1800円(月/1D)と 2400円(月/ID)

気になる料金ですが、具体的な月額費用は以下の通りになっています。

・スタンダード:月額1,800円/ID
・プロフェッショナル:月額2,400円/ID

ちなみに、どちらも導入に際して初期費用がかかります。その予算も考慮しておく必要があるでしょう。

・スタンダード:50,000円
・プロフェッショナル:100,000円

GEOCRMの評判

実際にGEOCRMを導入した方の口コミや評価を調べてみました。やはり「地図」という新しいアプローチ方法を評価している方が多いようです。

訪問すべき顧客を可視化

企業規模が大きくなるほど顧客の数も増えていきます。それに伴って、営業担当者一人あたりが担当しなくてはいけない顧客数も増えていき、いつ・誰に・どのように訪問すべきなのかが分からなくなってしまいます。

しかしGEOCRMを活用することによって、顧客への最終訪問日からの経過日数や契約更新日までの残りの日数が可視化されるため、訪問しなければいけない顧客を直感的に把握することができます。

地図上に色分けされて表示されるため訪問漏れもなくなり、優先すべき顧客を見逃すこともなくなるでしょう。

営業効率大幅アップ

フィールドセールスは顧客への訪問が多いため、商談時間だけでなく移動時間も考慮して営業のスケジュールを立てなければいけません。しかし住所や路線図だけでは位置関係がいまいち把握しにくく、スケジュールを立てにくいのが事実です。

GEOCRMは地図上にアイコンで顧客が表示されるので、視覚的に位置関係が分かり効率的な営業スケジュールを立てることができます。

また空き時間に地図を確認して近くの顧客に飛び込み訪問することも可能。顧客へのこまめな訪問は信頼関係構築に大きく関わってくることなので、GEOCRMによって顧客とのコミュニケーションを活性化しましょう。

さらにナレッジスイート社独自の最新技術を用いた機能である「超高速ジオコーディング」を活用すると、1万件もの顧客情報をわずか20分でGEOCRMに取り込み可能。顧客情報のインポート時間が削減されることで、営業活動にかける時間を増やすこともできます。

視覚的・直感的 商談の体感速度もアップ ストレスなし

GEOCRMは地図上で顧客を可視化し、視覚的に顧客の状況や位置関係を把握できます。そのため直感的な理解が可能になり、業務のスピードもアップ。ITリテラシーが低いメンバーでも使いこなすことができるでしょう。

さらにヒアリングシートによって「顧客に対してどのようなことを聞かなければいけないのか」がわかり、一人ひとりの顧客にどのように提案していけばいいのか理解できるため、商談の展開もスムーズになります。

特許技術や最新技術を採用した機能を多く搭載していることで非常に便利なツールなので、営業現場のツールに対するストレスがなく「もっと使いたい」と思ってもらうことができます。

GEOCRMの評判 確かめるなら無料トライアルで

地図を活用した顧客管理で、営業活動を効率化してくれるGEOCRM。特にルート営業や飛び込み営業などフィールドセールスをメインにしている営業組織にはおすすめのツールです。

GEOCRMの使い勝手や操作性を確かめたい方は、ぜひ無料トライアルを試してみてください。14日間無料で利用できるので、営業現場にも試してもらい使い勝手を確認してもらいましょう。

本記事を参考に、GEOCRMの導入を検討してみてくださいね。

BACK TO LIST

おすすめ記事