営業ナレッジ

「顧客本位」のBIG顧客管理Neoの評判は?機能・料金も一気にご紹介

顧客情報の管理は将来的な売上にもつながる大切な業務です。「CRM(Customer Relationship Management)が大切」というと新しいビジネスの概念のようで難しいと感じるかもしれませんが、考え方は江戸時代からあった「大福帳」と同じもの。

お得意さまとの売買勘定を記した「大福帳」は主人と番頭のみが扱うことを許されたともいわれますが、ビジネススピードの求められる現在では、誰でも見られる形にして販売機会の創出や顧客との密な関係構築に役立てるべきでしょう。

さまざまな業種・業態にフィットするCRMツールとして注目されている「BIG顧客管理Neo」についてご紹介するので、システム選定の参考にしてください。

BIG顧客管理Neoは顧客のニーズを見える化

CRMツールは企業活動において部署ごとに管理していた顧客情報を一元化し、顧客それぞれの取引状況を瞬時に確認することで業務を効率化し、顧客満足度を高めてくれる仕組みです。

マーケティング部門の見込み客リスト、コールセンターでの会話の記録や営業セクションの商談状況、保守サポート部門の利用状況などが縦割りで管理されていたのでは、顧客からの問い合わせ対応に時間がかかったり、同じことを何度もヒアリングしたりする事態が発生してしまいます。

部署ごとにエクセルの書式が異なっていたり、担当者のPC内にしか情報が蓄積されていなかったりしては、情報を突き合わせるだけで大仕事になってしまいますね。

BIG顧客管理Neoを導入すれば自社サーバ内やネットワーク上で情報を一元管理し、どのセクションからでもタイムレスな情報共有が可能になります。集約したデータから顧客の購買動向を分析してニーズを明らかにし、生産計画や広報活動に役立てることができるでしょう。

BIG顧客管理Neoの機能は?

BIG顧客管理Neoはあらゆる切り口から顧客の情報をデータベース化し、「顧客本位」な経営の実現をサポートします。具体的な機能をみてみましょう。

項目設計

顧客情報は台帳に集約されますが、その項目はドラッグアンドドロップで自由に設計できます。基本項目(名称・所在地・電話番号)などの文字入力以外にも演算機能を活用できるので、経過日数の自動計算や法定税率の計算など、業種・業態に合わせてぴったりのデータベースを作ることができるでしょう。

42色のカラー設定ができるので、カテゴリ分けや重要項目へ色指定をすれば、より使いやすいデザインになります。

BIG顧客管理Neoの導入後は、豊富なテンプレートも利用できます。以下に業種の一例を紹介します。

・小売/販売/レンタル業
・医療/福祉
・生活サービス/娯楽
・教育/学習塾
・宿泊/飲食業 など

顧客台帳

顧客台帳には対応履歴や過去の購入実績などが同時に表示できるので、お客さまの動きを瞬時に把握することが可能。担当者とのメールのやりとりまでも取り込んで時系列で管理できます。

ほかに「簡易検索機能」「テンプレート入力」「選択式入力」「Googleマップ連携」など、入力・閲覧作業がストレスフリーで行える多彩な機能が搭載されています。

さらにイレギュラーな情報共有には「掲示板」や「メモ送信」、「ワークフロー申請」などを活用すれば、優先度順に迷いなく処理していくことができるでしょう。

販促機能

顧客情報をデータベース化したら、豊富な検索・販促機能でマーケティングに役立てましょう。「どのエリアで何が売れているのか」「どの客層がどのくらいの価格帯を好むのか」「ご意見・クレームの集計」「モデルチェンジ商品の案内対象の抽出」などアイデア次第で集計業務がスムーズに展開できます。

複数の処理は組み合わせてメニュー登録しておけば、手順書なしで誰でも操作可能に。条件抽出したリストはクリップボードやCSV・エクセル形式などでエクスポートできるので、独自のレポート作成にも便利です。

CTI機能

CTI(Computer Telephony Integration)はオプション契約となりますが、BIG顧客管理Neoのメリットを最大化するためにも取り入れておきたい機能です。

顧客から電話がかかってきたと同時にモニタへ顧客情報が表示されるので、受話器を取る人の選定や要件の予測が可能になり、電話応対がスムーズになります。「担当者に替わります」「その件でしたら担当部署に……」といった「たらいまわし」も少なくなり、お客さまからの印象もよくなるでしょう。

顧客台帳や通話ログからワンクリックで電話をかけることができるので、アウトバンド業務がミスなく効率的に行えます。通話記録へのメモや定型文入力などで、「折り返し電話が欲しい」「資料が整い次第連絡する」といった伝達事項が正確に伝わります。

印刷機能

顧客台帳の項目を抽出して、画像を添付したフォームを作成できます。

データベースからは「台帳印刷」「一覧表印刷」「宛名印刷」「はがき印刷」と必要な形で印刷することができるので、データの分析レポートやDM発送、グリーティングカードなどさまざまなシーンに役立てられます。

セキュリティ

CRMは個人情報の保護に細心の注意が必要なデータが集まるシステムです。コールセンターなど多数のスタッフがデータを扱うことが想定されるのなら、権限グループとパスワードポリシーを活用して、重要情報が必要以上に多数のオペレーターの目に触れることを避けておきましょう。

パスワードの有効期限も999日間までの間で自由に設定できるので、短期契約の人員にも安心して権限を付与できますね。

また、扱うデータのなかにクレジットカード情報や免許証、会員パスワードなどが含まれるのならオプション契約の「セキュリティ項目」の利用をおすすめします。

「セキュリティ項目」を設定すれば、権限のないユーザーが閲覧する際には伏せ字となって表示されるので、より安心して運用できるデータベースとなるでしょう。

BIG顧客管理Neoの料金プランは?

BIG顧客管理Neoの利用形態には「スタンドアロン」「P2P版」「ネットワーク版」の3つのスタイルがあります。それぞれの料金プランをご紹介するので、希望する項目についてチェックしてください。いずれのスタイルでもセキュリティオプションは50,000円で利用できます。(価格は税抜表示です。)

スタンドアロン 20万円

スタンドアロンで導入する場合の価格は200,000円です。スタンドアロンタイプならCTIオプションを100,000円で利用できるので、電話管理についての課題解決に期待を持っている方はこちらの組み合わせが一番お得といえます。

P2P版 35万円

P2P(ピア・ツー・ピア)版の価格は350,000円で、CTIオプションは200,000円で利用できます。

ネットワーク版 50万円

ネットワーク版の価格は500,000円で、CTIオプションは200,000円で利用できます。

BIG顧客管理Neoの評判は?

BIG顧客管理Neoにはさまざまな機能があるので、企業の課題解決に大きく貢献してくれます。実際に利用された方の声をご紹介するので、自社の課題やニーズと照らし合わせてみてください。

帳票印刷が効率化に効いた

・BIG顧客管理Neoはデータベースを印刷して利用することがよく考えられていて、帳票印刷や宛名印刷などの手作業が格段に楽になりました。サプライ品も豊富で、印刷時の微調整などに時間をかけることなく利用できました。

・クロス集計は縦軸と横軸に自由に設定できるので、そのとき欲しい情報がすぐに印刷できる。シーズン・地域・担当者・商品別などさまざまな視点での分析に役立っています。

顧客管理がDBで楽になった

・訪問サービスを提供しているので、ペットの有無や家族構成なども顧客台帳の大切な情報です。グリーティングカードやキャンペーンに手書きでひとこと添えるネタとしても使っています。

・新サービスを展開した当初はすべてを把握したいという思いから手書きで費用対効果などを集計していたが、事業が軌道に乗るにつれ限界を感じていました。BIG顧客管理Neoを活用してリピート率やエリアの浸透率など細かいマーケティングができるようになり満足しています。

・BIG顧客管理Neoは項目が自由に設計できるので、使っているうちにやりたいことが増えてきます。

電話対応の段階で多くの情報を引き出せるようになった

・予約電話に対して前回来店の際に何を注文したか、いつ頃の来店だったかががすぐ確認できる。

・問い合わせへ回答するための資料を探す手間が省けるようになった。情報をもとにヒアリングが的確にできるようになった。

BIG顧客管理Neoはお店にも効く 公式ホームページで評判を確認

BIG顧客管理Neoは顧客情報を収集する項目のカスタマイズが自由にでき、どのような業種・業態のビジネスにもぴったりのシステムが作れるとして好評のCRMツールです。CTIオプションと連動すれば、CRMツールのメリットを最大化できるでしょう。

公式ホームページでの導入事例には通信販売の会員管理や歴史ある料亭の予約台帳、ハウスクリーニング、自治体の緊急通報システム、物流コールセンター、レンタルショップ、生活インフラの相談窓口などさまざま業種・業態での活用例が紹介されています。

BtoB、BtoCを問わずに活用できるBIG顧客管理Neoが気になるという方は、ぜひ一度ホームページをチェックしてみてください。

BACK TO LIST

おすすめ記事