営業ナレッジ

アズビルのセールスエンジニアの活躍とは? 実態に迫る

近年、都市部などではビルが次々に建設されており、高層化も進んでいます。これらのビルに入った時に「快適だな」と感じることはありませんか。

高層ビルは建物が大きいことから、本来であれば防犯面や空調などのメンテナンスが難しいものです。しかし現在では、「ビルオートメーション」の導入により。どんなに大きなビルや施設であっても、快適な環境を作ることが可能となっているのです。

ビルオートメーション事業を展開する「アズビル」。アズビルで活躍するセールスエンジニアの実態をご紹介します。

ビル設備管理のアズビルでITキャリアが目指せる?

ITでキャリアを目指したいと考える場合、どのような職種や企業を選ぶでしょうか。分かりやすくIT企業をと考える方もいるでしょうが、実は一見関係ないような職種でも、ITキャリアを重ねることが可能なのです。

ビル設備管理の「アズビル」はビルオートメーション事業を展開している企業です。アズビルでは、どのようにしてITキャリアを目指すことができるのでしょうか。

アズビルってどんな会社?

1906年創業。2012年に株式会社山武から、アズビル株式会社に社名を変更しました。ビル管理においてのオートメーション化だけでなく、プラントや工場などの製造現場、住宅環境設備にも取り入れ、効率的な管理システムを提供しています。

ビル設備管理のアズビルの業務内容

アズビルでは3つの事業を展開しています。

ビル設備管理の「ビルディングオートメーション事業」、製造業・エネルギー・社会インフラ分野などの管理を行う「アドバンスオートメーション事業」、ライフラインや住宅の空調設備、病院や製薬工場などの管理を行う「ライフオートメーション事業」があります。

その他にも新製品の開発や、既存製品の改良を行う「研究開発」も行っています

オートメーション技術に強い

人手不足と言われる昨今、ビジネス界でも「オートメーション化」が進んでいます。少人数で効率的に管理ができるこの技術は、これからのビジネスだけでなく、社会全体に普及されることとなります。

アズビルは未来を見据え、すでにこれらに対応しています。モノのインターネットと言われる「loT技術」やビッグデータ、AIなど常に最先端の技術を取り入れてきた技術と、現場で築き上げてきたノウハウが、オートメーション技術の強みと言えます。

IoT・エネルギーマネジメントシステムで注目、グローバル展開も

アズビルのビルディングオートメーションは、「loT技術」「エネルギーマネジメントシステム」でも注目されています。遠隔での監視システムや省エネソリューション・環境制御技術なども導入されており、いずれも最先端の技術が活用されています。

またこれらの技術は国内だけにとどまらず、世界規模でオートメーション技術をつなぐグローバル展開も行っています。

アズビルのソリューション例

空調・電気・給排水衛生・防災・防犯などの設備や、機械設備などのオートメーション化を実現しています。オフィスビル・データセンター・研究所・病院・医療施設・学校・ホテル・駅・空港などの快適な環境づくりや、防犯などに活用されています。

アズビルのセールスエンジニアの活躍は?

アズビルでは大勢のエンジニアが在籍していますが「営業も行うエンジニア」こと「セールスエンジニア」も活躍しています。

では、アズビルでのセールスエンジニアの働き方とはどのようなものなのでしょうか。具体的な例をご紹介します。

活躍するセールスエンジニアの事例紹介

セールスエンジニアでもさまざまな働き方がありますが、一例として「企画」に関するものなどがあります。

ビルを管理する上で日々たくさんのデータが取得されます。この取得したデータを解析し、機器の診断や省エネについてのレポートを作成します。これらの解析は、更なる省エネ化など自社メンテナンスの機能を高めることにつながります。内容によっては日本全国を飛び回りながらの業務になることもあります。

IT以外の技術営業も活躍

アズビルにはさまざまな職種があります。

IT以外の技術営業も活躍しているので、広い視野で多くのスキルを学ぶことが可能です。自分自身が持つ得意な分野を生かすことができる可能性は高くなる可能性があります。

海外でも活躍

アズビルは世界で20社以上の現地法人を設立し、日本以外にも中国・タイに生産拠点があります。日本でアズビルを利用していた顧客が、世界に進出する際にグローバル展開が可能なシステムになっています。

海外でも仕事がしたいと考えているのであれば、活躍できる可能性は充分にありそうです。

アズビルでセールスエンジニアを目指す その対策は?

アズビルでセールスエンジニアを目指したい場合、どのような対策を取れば良いのでしょうか。

チームワークを重視できる人、チャレンジ精神のある人、バランスの良い国際感覚を持っている人を求めています。

新卒 入社後研修・経験をそれぞれのフィールドで積む

入社後は研修を行い、それぞれのフィールドで経験を積むことになります。

セールスエンジニアは、幅広い知識があればそれらが大きな強みとなります。最初の配属先がセールスエンジニアでなかった場合でも、自社製品をさまざまな角度から見て経験を積むことができます。

他の職種で入社後もセールスエンジニアになることは可能

アズビルにはさまざまな職種があります。もし、入社した時には他の職種であった場合でも、セールスエンジニアになることは可能です。

セールスエンジニアは専門的なスキルと、営業に必要なプレゼンテーション能力なども必要となります。もし、足りない知識がある場合、入社後から勉強して身に着けるという場合も多く見られます。日々、勉強しながらスキルを高めていくことが大切です。

こんな点は強みになる

セールスエンジニアは割合として理系出身者が多いようです。理系の専門知識があれば大いに活躍できる可能性があります。入社後にそのスキルをさらに磨きながら経験を積んでいくこととなります。

一方で文系は割合的には少なめですが、営業に大切な「プレゼンテーション能力」は強みになります。エンジニアとしての専門知識を勉強する必要性はありますが、文系出身者だからこそできるという面もあります。

また、海外業務の可能性もあるので、語学力に長けている場合も有利だと言えるでしょう。

グローバルな活躍が目指せる アズビルのセールスエンジニア

これからの社会はより効率的な仕組みが求められるようになり、今よりさらにIT化が進んでいくと見られます。アズビルはそれらの最先端技術を積極的に取り入れながら、より快適な環境づくりを行っています。

これらの技術や事業は日本だけにとどまらず、これから世界中でのニーズが高まることは間違いないでしょう。グローバルな活躍をしたいのであれば、アズビルのセールスエンジニアを目指してみてはいかがですか。

BACK TO LIST

おすすめ記事