ブログ

クラウドビジネスフォン・モットクラウドの評判は?機能・料金もご紹介

働き方として一般的となったテレワーク。ネットを利用した会議などを行うことで、会社へ通勤するという機会も、以前に比べれば少なくなっているのではないでしょうか。

しかし、会社で顔を合わせなくとも、やるべき業務は以前と変わりません。会わない分、電話で確認することも増加しています。どうすればビジネスで利用する電話をお得に便利に使えるのでしょうか。

今回は、クラウドビジネスフォンの「モットクラウド」をご紹介します。テレワークを行っている企業にオススメです。

モットクラウドはクラウドPBX 安く頻繁に電話を掛ける場合に効果あり

クラウドPBXのモットクラウドは、頻繁に電話をかける場合に大きな効果があります。

「クラウドビジネスフォン」とは、電話回線を利用する一般電話と異なり、インターネットの回線を利用して電話ができるシステムのことです。インターネット回線のある場所であればどこでも利用可能です。スマートフォンでも使うことができます。

モットクラウドとは?

「モットクラウド」とは、株式会社バルテックジャパンが提供するサービスです。モットクラウドのサービスは、一般の電話に比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的な例をご紹介します。

ネットワークを使って電話交換ができるクラウドソリューション

クラウドPBXのPBXとは「構内電話交換機」のことです。

電話をするとき通常では電話局の交換機に接続して通話をしますが、PBXではこの電話交換を企業内で行うことができるのです。

ネットワークを使って電話交換ができるクラウドソリューションなのです。

メリット① 電話代が安い

たくさんの社員を抱えている企業は、個別にあるいは部署ごとに電話機を設置しています。通常のビジネスフォンであれば、同じ会社内にいる社員に電話をかける場合でも、電話局の交換機に接続するため、通話料金が必要でした。

しかし、企業内で電話交換を行える場合はこの通話料を削減することができるのです。テレワークでも料金を気にすることなく利用できます。

メリット② 多数の電話線をサーバに収容できる

社員が多ければ、その分電話の回線が必要になります、モットクラウドであれば、回線を集約して共有することが可能になります。

回線を集約して必要な分だけを電話局に申し込むことで、基本料金を抑えることができるのです。

メリット③ クラウドなのでサーバは自前で用意しなくてよい

クラウド型なので、自社にサーバを自前で用意する必要がありません。

省エネ・省スペースなので運用コストの削減ができます。また、導入時はサーバの設置やシステムのインストールなどに大きな時間と手間が必要になりますが、これらが一切必要ありません。

企業を大きく拡大する場合でも、クラウドであれば即対応できるので、成長に合わせて柔軟に対応することができます。

メリット④ 他のデジタル機器やシステムとつなげられる

固定電話だけでなく、スマートフォン・タブレット・PCにも接続可能です。企業では使用頻度の高いFAXも、受信・閲覧・送信が可能でプリンタでの出力もできます。

固定電話から離れていても、問題なく業務を進めることができるので、より自由度の高い働き方が可能になります。

モットクラウドの料金は?

モッククラウドの料金は、クラウドPBXなので料金を抑えることが可能です。

では、実際にはどの程度の金額が必要になるのでしょう。

初期費用29800円~59800円

モットクラウドには「スタンダード」「ミドル」「プレミアムA」のプランがあります。少人数での利用には「スタンダード」、20人から40人程度の企業向けの「ミドル」、1名で複数回線、複数拠点を使う場合の「プレミアムA」と分かれています。

初期費用は「スタンダード」29,800円、「ミドル」39,800円、「プレミアムA」59,800円となっています。

従来のサーバを設置する方法と比較すると大幅に低価格であり、初期費用を抑えることが可能です。

月々費用3980円~15000円

月々に必要な費用は「スタンダード」3,980円、「ミドル」8,500円「プレミアムA」15,000円です。

ランニングコストがかさんでしまうと、初期費用を抑えることができても、後に高額な費用が必要となりますが、モットクラウドであれば月額料金も低価格で利用することができます。

その仕組みから電話代は非常に安くなる

サーバや電話機の購入は必要ありません。使用しているスマートフォンやPCに専用アプリをダウンロードすれば、それを利用することができます。

またネット回線を使用するため、電話代を非常に安くすることができるのです。

ただし、台数の上限を超えない必要がある

導入を検討する際に注意していただきたい点があります。それは「台数の制限がある」ということです。

「スタンダード」1〜20回線、「ミドル」21〜50回線、「プレミアムA」51〜100回線となっていますので、これらの台数の上限を超えないように気を付ける必要があります。

モットクラウドの評判は?

導入を検討する際には、実際に使用してみた人の声も参考になります。

モットクラウドを利用している企業や社員の評判はどのようなものでしょうか。自社が抱えている課題を解決できそうな利用者の声はあるのでしょうか。

テレワークの課題を解決できた

テレワークの際にまず問題になるのは、どのように連絡をとるかという面です。社員全員に業務スマホを追加契約するかなどを検討するも、コスト面での問題が発生してしまいます。

そこでモットクラウドを導入したら、全員が普段使用しているスマートフォンに専用アプリをダウンロードすることで利用できるようになったそうです。また、それらのスマートフォンからは会社の代表電話を通知させることができるので、プライベートの番号を表示するようなことはありません。

コストパフォーマンスがよい

サーバや専用端末を導入するがないので、コストパフォーマンスの良さには定評があるようです。

初期費用・月額料金のお得さはもちろんのことですが、それぞれの自宅でコールセンター業務も可能となるため、専用のスペースや機材を準備する必要がなくなるというメリットもあるようです。

カスタマイズ性がよい

基本機能は充分に充実していますが、オンプレミス版を導入するとこでカスタマイズ性が高まり便利との声もあります。

オンプレミスとは「自社の中で情報システムを持ち運用する」システム形態の事です。

固定された利用方法以外にも柔軟な使い方があるのは便利ですね。

テレワーク・コールセンターに評判のモットクラウドを検討してみませんか?

「モットクラウド」は現在のテレワーク中心のワークスタイルにおいて必須となる、電話での連絡を手軽に利用できるようになるサービスです。

テレワークに限らず、コールセンターとして利用した場合にも初期費用やランニングコストが大幅に削減できると評判です。

会社を運営する上でなくてはならない「電話」。当たり前に使用するからこそ、利便性やコスト面を再検討してみてはいかがでしょうか。

BACK TO LIST

おすすめ記事