ブログBLOG

グローバル化が進む現代のビジネスシーンでは、英語を話せることがアドバンテージになります。

そんな中で、セールスエンジニアとして働く人にとっても英語力が求められるようになってきています。セールスエンジニアが英語力をつけることでどのようなメリットがあり、どのようにキャリアアップにつながるのでしょうか。今回はセールスエンジニアにとっての英語力を詳しく解説します。

セールスエンジニアも英語力が求められる時代へ

セールスエンジニアとは、技術職のスキルや知識を持ち合わせていて、それを活用して営業活動を行う職種のことです。専門的な知識を活かした提案やサポートができるという強みがありますが、更に英語力も求められてきています。

セールスエンジニアが英語を理解できることで、海外のトレンドや最新情報をいち早く入手できたり、より多くの案件を担当できたりするというメリットがあります。

また、海外企業との取引開始や自社の海外進出など、自社が置かれる状況が変化しても素早く対応できるでしょう。

セールスエンジニアが英語力をつけるメリット

ここからは、セールスエンジニアとして働くうえで英語力があるとどのようなメリットを得ることができるのか解説します。

原文の英語ドキュメントが読める

プログラミングのドキュメントは英語で書かれているものが多いため、英語力がないとドキュメントを翻訳するのに時間がかかってしまい仕事が大幅に遅れてしまう可能性もあります。専門用語は日本語訳ツールを使ってもうまく翻訳されない場合もあるので、更に時間を費やしてしまうことも。

その点、英語を理解できていると原文のまま読解することができ、仕事がスムーズに進みます。

海外に質問もできる

残念なことに、現状の日本はITの最先端とは言い難いです。アメリカのシリコンバレーをはじめ、ITの最新技術は海外から発信されることが多いため、英語力がなければそのような最新技術を入手できません。英語力があれば海外のエンジニアと交流を持ったり質問したりすることができ、仕事に役立つ最新情報に触れることができます。

また、英語力があれば海外のクライアントからの仕様書やマニュアルなどもスムーズに読むことができ、もし分からない箇所があってもすぐに英語で質問ができるため、コミュニケーションも円滑に進みます。

スキルアップの資格取得に有利

最新技術を取り入れたり、海外のエンジニアから情報を入手したりすることは、資格を取得するときにも役立ちます。IT系の資格には「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「ITパスポート」「ITストラテジスト」などがありますが、海外から得た幅広い知識や知見を持ち合わせていることで資格取得にも有利になるでしょう。

普段から英語を理解できていれば、英語力を評価するTOEICやTOEFLなどの試験にももちろん有利。

英語力があると海外プロジェクトに参加できる

多くの国で公用語として使われている英語が理解できれば、海外のプロジェクトに参画できるチャンスもあります。欧米諸国だけでなく、日本企業の海外進出先で人気のアジア圏でも英語を使っている国が多くあります。

英語力があると、海外のクライアントとのやり取りや、いろいろな国のメンバーが集まるプロジェクトなど、活躍できる場面が一気に増えるのです。

海外プロジェクト参加の英語力の目安とは?

海外プロジェクトに参加するためには、読み書きするだけでなく話したり聞いたりすることもできなければいけません。スムーズにビジネスを回すためには高い英語力が必要となりますが、辞書を活用すればコミュニケーションを取れるレベルであれば、ひとまずは問題ないでしょう。

TOEICのスコアを例にすると、英語を使ったスムーズなコミュニケーションには600点以上を目標にすると良いです。仕事で日常的に英語を使う場合は、700点以上が求められます。

ただし、単に英語を話せるだけでなく、自社の製品や専門知識についても英語で表現できるようになる必要があります。技術系の英単語なども勉強しておきましょう。

どうやって英語力をつける?

英語力をつけるためには、なるべく英語に触れる時間を増やすことが求められます。

職場に外国人がいる場合は積極的に話して、英語で会話する時間を増やしましょう。英会話スクールに通うのも効果的です。

読み書きの習得には、教本などを活用すると良いでしょう。

また、なかなか時間を取れない人は、スキマ時間で学習するのもおすすめです。英会話レッスンの動画やCD、スマホアプリなどを活用すると自分のタイミングで学習できます。オンライン英会話スクールなら直接通う必要もないので、手軽にレッスンを受けることができますよ。

時間の捻出が課題

働きながら英語を習得しようとすると、なかなか時間を取ることが難しいという課題に直面します。残業することもありますし、仕事が終わってから付き合いで食事に行かなければいけないときもあるでしょう。

時間を捻出できない場合は、先ほどご紹介したオンライン講座や動画などスキマ時間で学習できるコンテンツを活用することで、通勤時間なども無駄にすることなく学習できますよ。

英語力があると外資系ベンダーで働ける

さまざまなビジネスシーンで英語力が求められますが、高い英語力があれば外資系ベンダーで働くことも可能です。外資系ベンダーではオフィスの公用語が英語ということも多く、日本人同士でも英語で会話しなければいけないこともあります。

ただし外資系ベンダーは給与も高く優秀な人材も多いため、英語力をつけるための努力もきっと報われます。

外資系ベンダー 1000万円以上の給与が狙いやすい

外資系企業は年収が高いことでも知られています。これには「成果主義」という背景があり、勤続年数に関わらず成果をあげた人は高い報酬を得ることができるのです。そのため自分の頑張りに応じて報酬を得ることができ、年収1000万円以上も夢ではありません。

外資系ベンダー 優秀な開発者の意見を直接聞けることも

優秀な人材は「自分の頑張りを正当に評価してほしい」と思うため、成果次第で高い報酬を得られる会社に集まりやすくなります。そのため外資系ベンダーには優秀な人材が集まりやすく、周りのメンバーから刺激を与えられながら仕事をすることができます。優秀なエンジニアの意見を直接聞くこともでき、自分のスキルアップにもつながるでしょう。

英語力をつけてセールスエンジニアもグローバル人材に

英語力をつけることで、海外でも活躍できるグローバルな人材になります。特にセールスエンジニアという職種は、日本ではまだ広く浸透していませんが、海外ではとても需要のある職種です。

これからのグローバルの時代を生き抜くセールスエンジニアになるためには、英語力を身につけて挑んでいくことが必要となるでしょう。

今回ご紹介した英語の習得の仕方を参考に、仕事をしながら効率的に英語力を磨いていってくださいね。