営業ナレッジ

セールスエンジニアに必要なスキルは? スキルをどう活かす?

セールスエンジニアという仕事は、常に「スキル」や「経験」が重要視される仕事です。ITの専門的な知識だけでなく、最先端の情報を常にキャッチし続けなければなりません。

さまざまなスキルが必要となるセールスエンジニアですが、活躍するために必要なスキルはどのようなものなのでしょうか。また、そのスキルをどう活かすことになるのでしょうか。

具体的なスキルアップの方法をご紹介します。

セールスエンジニアは継続的なスキル向上の努力が必要

セールスエンジニアは、ITの専門的な知識や多くの経験が求められる仕事です。

資格があるから良いという訳ではありません。この資格取得で得た知識を生かし経験を積んでいきながらも、さらにITについての情報を学び続けることが重要となるのです。

継続的にスキル向上の努力を行うことが大切です。

セールスエンジニアにスキルの向上が求められる理由

ITの世界で活躍するセールスエンジニアは「スキルを学び続けることの大切さ」をよく耳にするのではないでしょうか。

どのような職業であっても、スキルを高める努力は欠かせないものではありますが、セールスエンジニアの場合は、このポイントが活躍の場に大きく左右すると言っても過言ではないのです。

セールスエンジニアにスキルの向上が求められる理由をご紹介します。

新しい製品がすぐに登場する

普段、ITの仕事とは関わりのない生活を送っている方でも、世の中に新しい製品が次々に登場することを目の当たりにしているのではないでしょうか。

最先端の技術を取り入れた新製品が、半年後、一年後にはすでに「一昔前のもの」となっている事が現代の常識となっています。

常に新しいものを求められる仕事であるので、日々学び続ける必要があるのです。

体系的な知識も更新しないと古くなる

セールスエンジニアには「エンジニア」としての基礎知識を有することが大前提にあります。しかし、これらの知識は数年後も変わらず最前線で活用できる知識であるとは限りません。

体系的な知識も更新しないと古くなるということを覚えておきましょう。

IT業界は変化のテンポが速い

IT業界は日進月歩であり、変化のテンポが非常に早い業界です。

今の時点で最新の情報を手に入れたとしても、数ヶ月後にはさらに新しい技術が発表されるため、常に「最先端」を追い続けていかなければ、取り残されてしまう仕事なのです。

また、幅広くITの情報に精通している人材が求められるので、さまざまな分野を学び続けることも重要になります。

セールスエンジニアに必要なスキル 営業+エンジニアのスキル

セールスエンジニアは、その名の通り「営業」と「エンジニア」のスキルが必要となります。

では、セールスエンジニアとして活躍するためには、どのようなスキルが必要となり、どのような経験を積む必要があるのでしょうか。

技術的なスキル 製品に通じておく 関連ベンダー資格も有用

ベンダー資格とはIT関連の製品などを取り扱う企業が実施する民間資格の事です。

一般的にエンジニアとしてのスキルを高めるために、国家資格の取得をする人は多く存在します。これらはエンジニアとして大切な資格でもありますが、さらに専門性を高めるためには、取り扱う製品の関連するベンダー資格を取得する事も有効です。

体系的な知識 情報技術者試験は受けておく

エンジニアは「能力」が重要になりますが、未経験の場合は資格を取得する事でスキルを示すことができます。

体系的な知識として「基本情報技術者資格」や「応用情報技術者資格」を取得しておくことをおすすめします。事前に学ぶことでITの基礎知識を得る事もできます。

コミュニケーションスキル 社内研修の活用を

営業の面では「コミュニケーション能力」や「プレゼン能力」などが重要になります。これらのスキルを磨くためには、多くの商談を経験する事でこれらの能力を磨くことが大切です。

また、社内でスキルアップの研修などを行っている場合も多く見られるので、積極的に活用する事もおすすめします。

経験を数値化してスキルとして考える

セールスエンジニアにとって重要視されるものとして「経験」が挙げられます。しかし、経験は漠然としたものでもあるため、自分自身の経験スキルがどのくらい向上したのかなどは、なかなか明確に見えるものではありません。経験値は数値化してスキルとして考えることをおすすめします。

自分自身の経験スキルも分かりますし、常に目標値を設定する事でさらにスキル向上を目指す事も可能です。

セールスエンジニアのスキル向上のヒント

セールスエンジニアには「スキルの向上」を欠かすことができません。これは一時的なものではなく、セールスエンジニアとして仕事を行っていくうえで常に行っていくものです。

では、このスキルを向上させるためにはどうすれば良いのでしょうか。スキル向上のヒントをご紹介します。

メンター・コーチを持とう

メンターとは「助言者」のような意味を持ちます。セールスエンジニアとして成長するには、このメンター・コーチが必要となります。

普段からアドバイスをしてくれる人が身近にいると、迷った時に正しい道を示してくれたり、キャリアパスの見本となってくれたりします。

自分のことを自分で判断する事も大切な事ですが、助言をしてくれる人がいると、自分では気がつかないことに気づかせてくれる事もあります。

新しいことを貪欲に知る

セールスエンジニアの世界はITの最先端を理解しておく必要があります。新しいことを貪欲に知る姿勢が大切になります。

第一線で活躍するのであれば、最新の情報を取り入れておくことは重要になるので、常に学ぶことを続けていきましょう。さまざまな最先端の情報を理解しておくことで、高いスキルを保つことができるのです。

今までのやり方が通用しないのは成長のチャンス

これまでスムーズに仕事を行えてきたのに、突然今までのやり方が通用しなくなることがあります。これは「成長のチャンス」であるとも考えられます。

自分自身のやり方を見直したり、新しい手法を取り入れてみたりする事で、更なるスキルアップにつなげることができます。

スキルを客観評価できるようにしてチャンスをつかもう

エンジニアに何より重要なものは「スキル」です。常にスキルアップするための努力を継続することが必要となります。

まずは資格などで基本的なスキルを学び、その後も経験を重ねスキルを磨き続けましょう。そのためには、スキルを客観評価できるようにしてチャンスをつかむことが大切になります。セールスエンジニアとして活躍を続けるためには、スキルを伸ばすことを常に意識しておきましょう。

BACK TO LIST

おすすめ記事