ブログBLOG

日本でも需要が高まっているセールスエンジニアという職種ですが、どのようなキャリアを形成していけばいいのかは、あまり知られていないのではないでしょうか。セールスエンジニアとして活躍の場を広げていくためにはスキルアップがポイントです。

本記事では、セールスエンジニアのキャリアパスやキャリアゴールについて解説します。今セールスエンジニアとして頑張っている方、セールスエンジニアを目指している方は参考にしてくださいね。

セールスエンジニアは営業か、それともエンジニアか?

近年需要が高まっている「セールスエンジニア」という職種。セールス(営業職)とエンジニア(技術職)のどちらも併せ持つ人材のことを指すため、営業職としてのスキルもエンジニアとしてのスキルも必要とします。

技術的な専門知識を基に仕事をするため、顧客へ提案をして受注を獲得するだけではなく、導入サポートや運用支援などアフターサポートのような仕事もします。エンジニアとしての実務経験があれば、時には顧客のニーズを取り入れたプログラムを自分で書かなければいけないときもあるでしょう。

セールスエンジニアのキャリアパスの全体像

セールスエンジニアになるためには専門的な知識や高い営業力が求められるため、新卒ですぐにセールスエンジニアに配属されることは多くありません。ほとんどは、営業職やエンジニアを経験してからセールスエンジニアとして活躍できるようになります。それでは、二つのモデルケースを見てみましょう。

モデル①営業からセールスエンジニアのケース

一つ目は、営業職として営業力を磨いてからセールスエンジニアにキャリアチェンジするパターンです。営業現場ではコミュニケーション力や提案力、プレゼン力や折衝力などさまざまな営業スキルを必要とするため、まずは営業職として営業現場でスキルを高めましょう。

ただし、ゆくゆくセールスエンジニアとして活躍したいと考えているならば、技術的な専門知識の習得も必要です。職場の技術職メンバーと積極的に関わったり、最新のIT情報をキャッチしたりするなど、自発的に行動しましょう。

また、技術系の資格を取得しておくことも有利です。「基本情報処理技術者」「応用情報処理技術者」「ITパスポート」「ITストラテジスト」などを押さえておくことで、専門的な知識が身につきます。

モデル②エンジニアがセールスエンジニアになるケース

もう一つは、エンジニアとして専門知識やスキルを身につけてからセールスエンジニアになるパターンです。エンジニアとして実務経験を積むことで専門的な視点から提案することができるようになります。

セールスエンジニアになるためには実務経験だけでなく営業スキルも必要なので、営業に同行させてもらったり、営業系の資格取得や講座受講をしたりすることも効果的です。またプロジェクトのリーダーを任せられるようになれば、顧客と関わったり部門間の折衝をしたりする機会も増えるため、セールスエンジニアに必要なスキルをさらに磨くことができるでしょう。

セールスエンジニア 若手~中堅のスキルアップ

セールスエンジニアに就けたら、どのようにスキルアップしてキャリアを積んでいくと良いのでしょうか。セールスエンジニアの若手から中堅のスキルアップのポイントを解説します。

若手は基礎を固めながら仕事に慣れる

セールスエンジニアとして配属された当初は、まずは仕事に慣れるために基礎を固めましょう。もともとエンジニアとして働いていた人は営業スキルを身につけ、もともと営業として働いていた人は技術系の知見を身につけて、自分に足りない部分を学んでいきます。

セールスエンジニアは営業力・技術力どちらも必要とするためすぐに仕事に慣れることは難しいですが、案件をこなして場を踏んでいったり先輩の商談に同行させてもらったりしてスキルを磨いていきましょう。

中堅は顧客のニーズをくみ取る

セールスエンジニアとして独り立ちできるようになった中堅層は、顧客のニーズを細かくくみ取れるようになりましょう。技術的な視点からの営業にプラスして、顧客のニーズをくみ取った営業ができるようになれば、他社との差別化にもつながり成約率も高まります。顧客のニーズをくみ取るためには、ヒアリング力や質問力などの営業スキルが必要になります。

更に一歩進んで潜在的ニーズをくみ取れるようになれば、先手を打った提案ができるようになり、顧客からの信頼感もアップします。

若手・中堅のスキルアップのポイントとは?

セールスエンジニアとして活躍するには営業スキルと技術スキルを身につける必要があるため、どちらのスキルアップもしていかなければいけません。

ただし新卒でセールスエンジニアに配属されることはそこまで多くなく、ほとんどは営業職もしくは技術職をファーストキャリアとしてステップアップするため、自分に足りないスキルを補っていくことでセールスエンジニアとして活躍できるようになるでしょう。

中堅になるにつれて高度な技術知識と営業力が必要となってくるので、「中堅だからもうスキルアップは必要ないだろう」と思うことなく貪欲に学んでいくことが重要です。

セールスエンジニアのキャリアゴールとは?

セールスエンジニアとして活躍したあとは、どのようなキャリアが待っているのでしょうか。参考となる将来のキャリアゴールをご紹介します。

モデル①セールスマネージャー

まずは、部署の管理職としてセールスマネージャーになるというゴールです。部下をマネジメントして組織を管理していかなければいけないので、セールスエンジニアとしてのスキルだけでなく、マネージャーとしてのスキルも必要とします。

会社の方針をしっかりと理解し、それに合わせて営業方針や営業目標を策定し、営業組織として成果を上げていかなければいけません。業務内容が多岐に渡り、部下たちのコーチングやケアもしていかなければいけませんが、目標に達成したときは大きなやりがいを感じられる仕事です。

モデル②プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー

セールスエンジニアとして、マネージャーやリーダーとして複数のプロジェクトを統括する立場を務めることも可能です。

一つのプロジェクトで、顧客、自社メンバー、協力会社などさまざまな人たちが関わるので、折衝したり調整したりする力が求められます。納期に間に合わなければいけないため、管理能力も必要となるでしょう。開発メンバーを統括して的確な指示を与えるためには、高い技術力も必要です。

専門分野を伸ばして転身する人も

セールスエンジニアとしてキャリアを積むだけでなく、いずれ転身する人も少なくありません。

最近ではWeb制作会社でもセールスエンジニアを雇用していることも多く、そのような会社で経験を積んだセールスエンジニアはWebデザイナーやWebクリエイターへ転身する人もいます。また、セールスエンジニアはもともと対人スキルと技術スキルを併せ持っているため、プログラミングなどのIT系スキルを学べるスクールでの講師へ転身するパターンもあります。

セールスエンジニア スキルを伸ばして活躍の可能性を広げよう

これから更にITが普及し、生活に欠かせないものとなってきます。そのような時代でセールスエンジニアという職種は需要が高まることが予想されます。

セールスエンジニアとしてのスキルを伸ばしてキャリアを形成していき、活躍の場を広げていきましょう。