営業ナレッジ

セールスエンジニア 求められる能力とは?

「エンジニア」と「セールス」のスキルを併せ持つ「セールスエンジニア」。今、さまざまな業界から注目されている職業です。

セールスエンジニアとして仕事を行う場合、どのようなスキルが必要となり、どのように身につけていけば良いのでしょうか。

今回はセールスエンジニアが求められる能力について、ご紹介します。

セールスエンジニア IT専門職として高い能力が求められる

セールスエンジニアは普通の営業ではありません。「セールス」とついていながらも、実は「エンジニア」の職種にあたります。

ITに詳しい程度の知識ではなく、セールスエンジニアには「ITの専門職」として高い能力が求められているのです。エンジニアとしての知識を活用しながら、顧客とのやり取りも行うこの職種は、さまざまな分野の企業から需要があり将来的にも注目されている職種のひとつなのです。

セールスエンジニアにはエンジニアの能力と営業の能力が求められる

セールスエンジニアには、エンジニアとしての高い能力が求められますが、それだけでは仕事をやっていくことはできません。専門の知識を顧客のニーズに生かすことが求められているため、同時に営業の能力も重要となってくるのです。

これらの能力はどのようにして、自分自身のスキルとして身につけていけば良いのでしょうか。

エンジニアの能力は資格と経験で身に着ける

エンジニアの知識を独学で学ぶ人もいますが、専門の知識をつけることはスクールなどで学ばなければ、なかなか難しいものだと言われています。

まずはエンジニアとしての知識を得るためにも、国家資格を取得することをおすすめします。セールスエンジニアに求められているスキルは、エンジニアとしての基礎知識だけでなく、経験も重要視されます。それらは仕事をしていく上で身につけていくこととなるでしょう。

営業の能力はビジネススキルの研修と経験で身に着ける

営業の能力はセールスエンジニアにとって、エンジニアの知識と同様に重要なスキルです。自社製品の魅力を顧客に伝えることができる能力がなければ、エンジニアの能力を生かす事もできません。

営業の能力を身につけるには「ビジネススキルの研修」で学ぶことになります。顧客とやり取りをしているとさまざまな事例を経験することになります。対応の仕方はそれぞれ異なってくるように思いますが、営業にも基礎があるのです。

顧客とスムーズなやり取りを行えるように、ノウハウを学ぶことで実戦に備えることができます。また、経験を積むことが自分のスキルとなるでしょう。

セールスエンジニアの能力をアップする方法

どの企業もセールスエンジニアとして欲しい人材は「高いスキル」を持った人です。能力次第で自分自身のキャリアアップも可能になる職種だと言えます。

では、その「スキル」をアップするにはどうすれば良いのでしょうか。

能力の証明は資格で 情報技術者試験を受けておく

エンジニアとしての能力は実際に仕事をしてみて分かるものですが、自分自身の能力を証明するためには、情報技術者試験を受けておくことをおすすめします。

エンジニアとしての定番「基本情報技術者試験」や、ITを活用した問題解決力の試験「応用情報技術者試験」などが代表的なものであり、いずれも国家資格です。資格取得のために学ぶことで実力を助けることができるだけでなく、転職の際にも有利です。

プラスアルファの能力 自社製品と関係するベンダー認定試験を受けてみる

IT系の資格には国家資格だけでなく「ベンダー認定試験」というものもあります。ベンダー資格とはメーカーが主催・実施している資格試験のことです。

情報技術者資格の国家試験はIT全般に通じる内容ですが、ベンダー資格はさまざまな分野に精通した資格となります。

自社製品と関係するベンダー認定試験を受けておくと、より深く専門分野を学ぶことができますし、プラスアルファの能力の証明になります。

数値目標をたてて経験値を上げる

セールスエンジニアとしてのスキルをアップさせるためには、漠然とした目標を立てるより、明確な数値目標を立てて経験値を上げましょう。

セールスエンジニアは知識の他に「経験」が重要視されます。多くの顧客との商談を経て積み上げていくことなども大切です。

数値目標を立てることで、達成度は明確に見えてきます。

ビジネススキルアップセミナーに出てみる プレゼン力・交渉力

営業面で必要となる「プレゼン力」や「交渉力」のスキルを身につけたいのであれば、ビジネススキルアップセミナーに参加してみましょう。

問題解決・データ分析・企画・タイムマネジメントなど、ビジネススキルを向上させることができる内容が、若手向け・中堅向け・管理職向けなどに分かれて行われています。

多くのノウハウを身に着けることができます。

英語力をつけておく 情報収集力に差が出る

自社がグローバル展開を行っていないのであれば、英語力はさほど必要無いように感じますが、実はエンジニアにとって英語力は必須のスキルなのです。

ITの世界は日進月歩であり、最先端だ思っていたものが、一年後には当たり前のことになっている事もあります。エンジニアにとって最先端の情報を認識しておくことはとても重要なことと言えるでしょう。

IT業界の最先端と言われる大手企業の多くは、アメリカのカリフォルニア州シリコンバレーに本社が集中しています。この場所から発信される最先端の情報を知りたくても、英語力がなければ日本語に訳されるまで待つしかありません。

トラブル対応・納期対応などのマネジメント能力も場数で上げる

セールスエンジニアは自社製品のPRだけでなく、アフターフォローも大切な仕事のひとつです。トラブル時の対応や、納期の対応などのマネジメント能力は場数で上げるものだと考えましょう。

顧客にニーズに応じた的確な対応ができるように経験を重ねることが大切です。

セールスエンジニア どんなところで能力は評価される?

さまざまなスキルや経験が求められるセールスエンジニアですが、やはり実際に自社にどれだけ貢献できているのかというところが評価のポイントになります。

では、能力はどんなところで評価されるのでしょうか。

成果=売上か、プロセス=顧客満足度か

セールスエンジニアにも企業や部署により目標が設定されています。

売上がそのまま成果につながるという事もあります。しかし、セールスエンジニアは成果よるプロセスが大切だとも考えられています。

評価の方法は企業により異なるようです。

自分の売りは何かを考える

多くのセールスエンジニアがいる中で、自分自身の能力を評価してもらうためには「自分の売りは何か」を考える事が大切です。

まわりと同じようなことだけをこなしていては、高評価をもらうことはできません。自分自身のスキルが他の人より高いと考える部分をさらに磨きましょう。専門的な分野をより深く探求する事も重要です。

自分の能力を客観的に把握するくせを付けて、チャンスを狙う

セールスエンジニアとしての高い評価を得るためには、まず自らが「自分の能力を客観的に把握するくせ」を付けておきましょう。これを常に意識しながら働く事と、ただ仕事をこなす事とでは、将来的に大きな差が出てきます。

人から見て自分はどうなのかを冷静に見つめる事で、改善点や強みが見つかる事もあります。

能力を活かし質の高い顧客対応ができるセールスエンジニアが理想

セールスエンジニアに求められていることは「質の高い顧客対応ができる」というものです。

豊富な技術や経験があり、顧客との商談やアフターフォローができる人材であれば、企業からの需要も高いものとなります。

能力を高めるためにも、自分自身の能力をいかに高めていくのかを常に意識し、資格取得や多くの経験を経ることが大切です。

BACK TO LIST

おすすめ記事