営業ナレッジ

プリセールスの将来性を考える キャリアパス・将来の収入は?

主にIT業界で活躍する「プリセールス」。国内ではまだ馴染みのない職種かもしれません。「エンジニア」の専門家として、IT製品を取り扱う営業職と同行し、顧客にアドバイスをするのが仕事です。外資系企業では特に活躍しており、将来的にも注目されている職種のひとつです。

このプリセールスという職種は将来的にはどのようなキャリアパスとなるのでしょうか。将来の収入や市場のニーズなどと併せてご紹介します。

プリセールス=IT専門家として、キャリアのゴールをどう考えたらいい?

プリセールスエンジニアはITの専門家として、営業職のサポートを行うのが仕事です。

同じ仕事でキャリアを積む方法もありますが、その他にもプリセールスという経験を活かしながら、キャリアアップすることは可能なのでしょうか。将来的にどのような働き方をするのかを事前に考えながら進んでいくことも大切なことです。

プリセールスのキャリアパス

プリセールスは主にIT業界で活躍している業種です。現在ではビジネス業界全体に普及している業種ではないため、一見すると狭い範囲での活躍しか見込めないような気がしますが、実際のところはどうなのでしょうか。

プリセールスからのキャリアパスをご紹介します。

エンジニアとして生きるか、セールスマネージャーから経営参画を目指すか

プリセールスは「エンジニア」ですが、顧客を相手にして仕事をするという面から考えると「営業」のスキルも持ち合わせていなければなりません。

将来的にエンジニアとしてキャリアと積んでいくという方法もありますが、セールスマネージャーへ転身し、経営参画を目指すことも可能です。

営業職の最高責任者として、組織をまとめ指揮をとるセールスマネージャー。エンジニアと営業双方の業務を理解できているプリセールスだからこそ、経験を生かすことができる職種なのかもしれません。

エンジニアタイプのキャリアパス例

近年、「エンジニア」と名の付く職種は数多く存在します。エンジニアの中でも活躍する業種がさまざまあるので、エンジニアとして転身するのであれば、他業種のエンジニアとして活躍することもできます。

一昔前に比べると、ITは社会に広く浸透しています。将来的には今よりさらにITは普及し社会のあらゆるところで必要となるでしょう。エンジニアはますます需要が高まります。

また、エンジニアの種類もさらに増えてくると考えられています。

営業タイプのキャリアパス例

エンジニアと営業双方のスキルを持ち合わせているプリセールスですから、「営業」の方へ転身することも可能です。

プリセールスは主にIT業界で活躍する職種ですが、営業職となれば多業種でもさまざまな製品を販売するうえでニーズがある職種です。実力次第では非常に高額な年収を手に入れることも可能になります。

また、ITの製品を取り扱っていない企業でも、将来的にはITを取り入れたビジネススタイルが必要となる時がやってきます。エンジニアの知識と経験を持ち合わせた営業マンは企業にとって重宝される人材になるのではないでしょうか。

市場から求められるプリセールス

プリセールスから転身する際に、市場からどれほどのニーズがあるのかが明確にわからなければ、二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。転身するのであれば、できるだけ高い年収や将来性も期待したいところです。

プリセールスを経験した人材にどれほどのニーズがあり、どのような分野で活躍できるのかをご紹介します。

DX時代到来で需要増・人手不足

ITが社会のあらゆる領域に浸透し変化していく中において、企業のビジネスモデルを変革していく「デジタルトランスフォーメーション」いわゆる「DX時代」。このDX時代の到来でITの専門家エンジニアの需要は増加しています。

プリセールスの活躍するIT業界だけでなく、さまざまな分野での活躍が見込めます。ソフトウェアやWeb企業だけでなく、企業の情報システム管理やITを活用した事業部門などでもニーズは高まり、人手不足はますます拍車がかかりそうです。

人材市場 外資系はプリセールスで高給が目指せる

元々、プリセールスという職種は外資系企業で主に活躍していたものでした。営業におけるITの専門家であるエンジニアの存在を、外資系企業は特に重要視しているため、国内の企業に比べると高年収である傾向があります。

プリセールスとしてのキャリアアップを目指すのであれば、外資系企業へ行くという方法もあります。

市場は追い風 将来性は期待できる

近年、ビジネスの世界だけに限らず、普段生活している社会の中にもITは普及しています。将来的にはさらにITは広がりをみせるようになるため、市場は追い風であり将来的に大いに期待できると言えます。

2030年にはIT人材が79万人も不足するというデータも出ているので、活躍の場はさらに広がりを見せるでしょう。

グローバルの舞台へ プリセールスの将来性

エンジニアという職種は、ただ資格を持っていれば良いというものではありません。企業が求めているのは「知識」や「経験」を持ち合わせているエンジニアであり、スキルが高ければ高いほど重宝されるものです。

では、プリセールスがグローバルの世界で活躍したいと考えた場合、それは可能なのでしょうか。その場合にはどのようなスキルが必要となるのでしょうか。

英語力をつけると海外赴任もあり

エンジニアとしての知識や経験以外に身につけておくべきスキルは「英語力」です。当然ですが、英語力がある場合、海外赴任の可能性も高いものとなるでしょう。

また、エンジニアは第一線で活躍するためには「最先端の情報収集を常に収集しておく」必要があります。ITの最先端の情報は主に世界的な大手IT企業が本社を置く、アメリカのシリコンバレーから発信されています。これらの情報をいち早く知り得るためにも英語力を身に着ける身に着けることは重要なのです。

外資系の転職にも有利

多業種と比べるとエンジニアという職種は外資系の企業への転職に有利と言われています。外資系企業はプリセールスという職種を大変重要視しているため、ニーズも高いものです。

国内企業に比べると年収も高額となるため、積極的に検討してみても良いのではないでしょうか。

世界のどこでもプリセールスは求められる

国内の企業ではプリセールスという職種はまだあまり浸透していませんが、海外の企業ではどこでもプリセールスのニーズは高いものです。

エンジニアと営業のスキルを併せ持つプリセールスは、これから世界中の企業で争奪戦になるのではないかと考えられています。

プリセールスは将来性が期待できる 活躍の場を広げよう

DX時代の到来により、プリセールスという職種は世界中の企業からの需要がますます高まると考えられています。また、プリセールスという職種に限らず、エンジニアとして、もしくは営業としてさまざまな業種で活躍することも可能です。

プリセールスという職種は、短時間ですぐなれるものではありません。エンジニアの知識を得ることも大変なことですし、営業のノウハウや経験を積むことも時間がかかりますが、プリセールスのニーズの高まりから、人材の数も増えてくるものとみられます。

世界中に存在するプリセールスの中から、自分を必要とされるようになるためには「スキルを高めること」を常に意識し、どのような場でも活躍できるように、準備をしておくことが重要になります。

BACK TO LIST

おすすめ記事