営業ナレッジ

商談を変えると、営業が変わる!オンライン商談ツールとは?

オンライン商談が上手く行った男性

「足で稼ぐ」営業職は、近年のリモートワークの推進をきっかけに、大きく様変わりしました。パソコンと整ったインターネット環境があれば、「オンライン商談」を行うことができるので、世界中どこにいても相手の顔を見ながら業務を行うことが可能になったのです。

今、オンライン商談ツールの導入を考えているのであれば、ぜひこの記事を読んで、メリットやデメリットなどもを把握した上で活用してみてはいかがでしょうか。

コロナ禍をきっかけに、オンライン商談が盛んに

国内の様子を見ていると、「オンライン商談」はここ数年でできた商談方法のように思われますが、実は欧米では随分前から行われていました。国土が広く、訪問が困難なアメリカが発祥と言われています。

日本では昨今のコロナ禍がきっかけで広く知れ渡り、オンライン商談が盛んになりましたが、まだまだ日本では歴史が浅いため、何かと不明点が多いまま実施している企業が多いのも実情です。

アフターコロナも、オンライン商談は主流に?

最初は、オンライン商談はコロナ禍だけの一時的な対応策だと考えていた人も多いのではないでしょうか。しかし、オンライン商談のメリットは感染症対策だけでなく、それ以外のメリットがあるということに気が付き、アフターコロナもオンライン商談を中心にしようと考えている企業も多く見られます。

これまでの顧客の元へ足を運ぶ方法では、移動時間と交通費が必要となります。顧客が遠方であれば、出張費も加算されるでしょう。オンライン商談を使えば、これらの費用が必要なくなるうえに、移動時間を有効に使うことができるので、1日の中で営業活動をする時間が多くなり、商談数も増加します。結果的には業績アップにつなげることができるのです。

商談専用のシステム・ツールは導入すべきか、検討してみよう

オンライン商談は営業費用を抑えつつ、広範囲での事業展開が可能になるなどメリットが多いものではありますが、「商談は対面で行うべし」という考えがまだまだ多くの割合を占めているのも実情です。

業種や相手の社風によってはオンライン商談ではスムーズに商談ができない場合もあるので、オンライン商談ツールを検討する場合は、まず「自社は商談専用のシステム・ツールは必要なのか」を検討する必要があります。

専用のオンライン商談ツールとは?

世の中には、スマートフォンやタブレットなどを利用し、相手の顔を見ながら話ができる無料ツールはいくつも存在しています。それなのに、わざわざ料金を払ってオンライン商談ツールを利用しなくても良いのでは?と、考える方もいるのではないでしょうか?

無料で相手の顔を見ながら話ができるツールは便利で魅力的ですが、専用のオンライン商談ツールには、「スムーズに商談を行える機能」がついているのです。専用ツールの機能には、どのようなものがあるのかをご紹介します。

無料のツールにないメリットがある

専用のオンライン商談ツールに搭載されている主な機能として、資料共有・ホワイトボード機能・トークスクリプト機能・ドキュメント共同作業・録音録画機能・バーチャル背景などが挙げられます。

まるで実際に会っているかのように資料を共有できたり、資料に書き込んだりと、リモートであることを感じさせないような機能があるので、スムーズに商談を進めることが可能になります。

商談支援機能:トークスクリプト機能・資料編集機能が便利

オンライン商談であろうとも相手との資料共有は欠かせません。事前にメールなどで送付する方法もありますが、資料が大量である場合、どの資料を指しているのかが分からなくなる場合もあるでしょう。オンライン商談ツールには資料を画面上に表示できる機能があり、そのうえ資料を共同で編集できる機能もあります。

また、トークスクリプト機能と呼ばれる、いわゆる「台本」を自身の画面に表示させる機能もあります。台本があれば落ち着いて挑むことができますし、経験の浅い人材でもスムーズに進められます。

電話回線を使い、音質をよくしている

オンラインツールは「ネット回線」を使っているというイメージなのではないでしょうか。オンライン商談をためらう理由の一つとして「ネットの回線状況が良くない場合、切れてしまう」点を気にする場合が多いようです。

実はオンライン商談ツールの多くは「電話回線」を利用しています。途切れず音質も良いので商談時でも安心して利用することができます。

画質もきれいで見やすい

無料のオンラインツールに比べると、オンライン商談専用ツールは画面の見やすさが断然違います。画質がクリアであるため、オンライン商談では難しいのではと考えられていた、相手の表情を読み取り商談の流れを作る方法も可能となりつつあります。

ストレスなく相手と会話ができるので、商談に集中することができます。

ツールの例:Bellface、B ‐room 、ビデオトークなど

現在、オンライン商談ツールに多くの種類があり、それぞれが多くの機能を備えています。特徴的な機能を備えているツールをご紹介します。

例えば「Bellface」は基本の機能を備えつつ、Salesforceへの自動記録機能や、電子契約サービスのクラウドサインとも連携しています。商談の一つ先の機能が搭載されているのです。

また、オンライン商談をためらう理由の一つに上りがちなシステムインストールの必要性。この問題が解決できるのは「B-Room」です。ツールには、商談相手にもインストールしてもらう必要があるものも多く、相手に手間をかけさせてしまうデメリットがあります。しかし、B-Roomであれば双方のインストールが不要となります。

「ビデオトーク」は携帯電話の番号に会議URLをSMS送信するだけで、アプリやアカウントも不要です。事前準備の手間がなく、相手側にとっても使い勝手が良いと言えます。

専用ツールを導入したほうが良い会社とは?

オンライン商談専用ツールを自社に導入すべきかを悩んでいるのであれば、これから紹介する項目に当てはまるかを見てみましょう。

専用ツールの切り替えが、業績アップや、業務中の安心感につながるのであれば積極的に考えていきたいですね。

インサイドセールス部門のある会社・またはこれから始めようとしている会社

営業はフィールドセールスだけでなく、内勤営業と呼ばれるインサイドセールスと並行して行うことが重要だと考えられています。見込み客をインサイドセールスが育てて、確度があ高まったところでフィールドセールスに交代する手法などを、これから始めようとしているのであれば、導入を検討してみましょう。

製品を紹介する際、できるだけ高画質にしてみてもらいたい会社

対面営業のメリットは、何と言っても商材などの実物を見ることができる点です。オンライン営業では商材の詳細が伝わらないのではと不安に思っているのであれば、導入を検討してみましょう。

専用ツールであれば、高画質な画面で鮮明に商材を相手に見せることができます。

何らかの条件で、回線の不安定さが気になっている会社

回線が商談の途中で途切れてしまうと、相手に失礼になるのではという不安がある場合は、導入をおすすめします。

専用ツールの回線はネット回線だけでなく、電話回線を使用しているものが多くみられます。安定した回線で、かつ高音質なので安心して利用することができます。

オンライン商談ツール、こんな点は知っておこう

様々なメリットがある専用のオンライン商談ツールですが、いくつか事前に把握しておきたいポイントもあります。

導入前に知っておきたい点をご紹介します。

お客様に事前にセッティングをお願いする場合がある

選ぶツールによっては、事前の登録や、ダウンロードが必要になる場合があります。これらが必要な場合、事前に相手の準備をお願いする必要があるため、手間をとらせてしまいます。

これらの事前準備が必要のないツールも多くありますので、できれば相手に負担が少ないツールをおすすめします。

費用が利用数によってかさむことがある

多くの機能が付いていて、高画質、高音質などの場合、やはり費用が高額になる場合が多くみられます。高品質なものを用意しておけば間違いないだろうと考えるかもしれませんが、多くの機能を必要としない企業もあります。

かかる費用とのバランスを考えながら導入するツールを選びましょう。

まとめ:営業DX、オンライン商談を積極的に活用するなら、専用ツールの導入はおすすめ

顧客との窓口になるオンライン営業専門ツールは、交通費などコストの削減や事業範囲の拡大などメリットも多く、積極的に導入を検討すべきツールであると言えます。

どのようなツールを導入すべきなのか、自社にあったツールを見つけ出し、ぜひ専門ツールの導入を検討してみて下さい。

BACK TO LIST

おすすめ記事