営業ナレッジ

国産SFA・CRMのクラウドビート評判は?機能・料金も一挙ご紹介

BtoBやBtoCの販売網を持つ企業では
「営業活動を把握したいけれど営業マンそれぞれのやり方があり集約しにくい」
「案件の属人性が高く担当者が不在だと顧客対応ができない」
「日報で報告しているつもりだがみてもらえていないようだ」
「営業活動に集中したいのに書類仕事が多く残業になってしまう」
といったさまざまな課題に直面しているのではないでしょうか。

営業活動や顧客管理の課題はITソリューションを導入すれば一挙に解決できるかもしれません。きめ細かなコンサルティングが特徴の国産SFA・CRMの「クラウドビート」について、機能から料金プランまで詳しくご紹介します。

日本の営業を考えたクラウドビート

SFA=Sales Force Automationは1990年代のアメリカで、営業活動のデータ化・効率化を進めるために誕生したビジネスモデルです。CRM=Customer Relationship Managementも同様に、1990年代後半にアメリカの大手コンサルティング会社がITを顧客管理に活用し、よりよい関係を築くためにと整えられてきました。

いずれも米国発祥のシステムのため、日本では活用しきれずにいるケースが多くみられましたが、近年は日本の商習慣に則したITツールが増えており営業活動に欠かせないものとなってきています。

クラウドビートは完全国産のSFA・CRMツールであり、システムの提供だけでなくコンサルティング視点のアドバイスと運用支援をトータルに提供しています。データの収集・参照のしやすさ、営業戦略やPDCAサイクルへの活かしやすさなどに定評があり、日本の営業シーンにフィットしたシステムだといえるでしょう。

クラウドビートの機能

クラウドビートの機能はカスタマイズ化も可能で、その項目数は約9200と大変豊富です。SFA・CRMの必須項目と特徴的な機能を具体的にみてみましょう。

クラウドビートは営業のための機能が満載

クラウドビートの設計・実装は営業活動について熟知している経営コンサルタントが担当しました。

システムによるデータの収集は最終的に営業セクション全体のノウハウ共有に役立つよう企画されています。ノウハウや案件情報の共有は、自律的なPDCAサイクルの実践に役立ち、質の高い営業組織づくりを実現できるでしょう。

顧客・案件管理

顧客情報・案件の進捗状況などはPCおよびスマートフォンから入力・参照することができます。システム導入時には各社の営業活動の実態や課題についてヒアリングし、それぞれの特徴にあった項目の選定を行うので、不要な入力の手間は省かれます。

顧客情報の条件抽出や創立記念日のお知らせ機能などを活用して、お客さまへのきめ細かなコンタクトに役立てましょう。

営業管理

営業管理には営業マンがどんな動きをし、どこでつまずいているかなどを管理者が把握することが大切です。

営業プロセスを最大20段階まで設定でき、次の段階へ進めるためのアクションを意識づけられる構成です。案件の放置を防ぐことができ、営業マン各人へのタイムリーなアドバイスが可能になるでしょう。

案件担当者が複数いるケースでは成果ウエイトを考慮した自動計算が可能で、正確な実績評価に役立ちます。

スケジュール管理

スケジュール管理は日付指定での全メンバー確認や月次メンバー指定で1ユーザーの動きを確認するなどフレキシブル。顧客ごとの購入サイクルを登録できるので、ビジネスチャンスを逃しません。

Google Calendarとの同期でより細かな設定とフォローも可能になります。

商品管理

自社商品の売価・粗利率などの基本情報を登録でき、販売実績と紐づけてランキング表示させることができます。人気・売れ筋商品の把握と各営業マンの得意・不得意分野が明確に確認できる機能です。

日報

日報などの報告書には管理者やメンバーからのコメント記入が可能なので、「提出して終わり」ではなく、次へ活かすためのPDCAサイクルへとつなげることができます。重点管理指標の指導が容易になり、メンバー間の意見交流なども活性化することでしょう。

掲示板

誰でも使いやすい掲示板機能を搭載。トピックごとに閲覧権限を設定することもできます。ファイル添付機能を併用すれば、必要なメンバーだけに情報を周知することができるでしょう。

メール一斉送信

条件抽出した顧客へメールを一斉送信することができます。セミナー参加者へのお礼状や購入製品の次世代品の案内、リコール情報なども正確にお届けできるようになるでしょう。メール履歴は顧客情報からも閲覧できます。

セールストーク管理

セールスシーンのトークスクリプトを登録・編集可能です。実績をあげている営業マンの切り返し話法やノウハウを共有すれば、営業セクション全体の質を高めるのに役立つでしょう。

イベント管理

展示会やセミナーなどの参加者をフォローし営業活動に役立てられます。イベントを起点とする商談の集計から、イベントごとの費用対効果を把握できます。

帳票管理

帳票や報告書、管理資料のテンプレートはいつでも編集・登録できるので、自社文化のオリジナル性を保てます。

クラウドビートの料金プラン

クラウドビートの料金には平日対応の電話サポートも付帯されていて安心して利用できるプランです。

導入初期費用は別途個別の見積りとなりますが、30日間の「無料お試し」があります。無料期間でも自社に合わせてカスタマイズ化したものを利用でき、納得してから始められるのは大きなポイントといえるでしょう。

1ユーザー/月6000円

システム利用料は1ユーザーあたり月額「~6,000円」と案内されています。カスタマイズ化の自由度の高さがクラウドビートの特徴なので、ミニマムのシステムでよいという場合にはより低価格での案内が期待できます。

また、11名以上での利用なら割引料金も設定されています。もっと詳しく知りたいという方は公式サイトの問い合わせフォームまたは電話から問い合わせてみましょう。

ファイルデータは5Gまで無料

ファイルデータ保管料は5Gまで追加料金なしでプランに含まれており、超過分には1GBあたり420円(月額)が発生します。

ファイルデータはExcel・Word・PDFなどの添付資料の容量が積算されるので、顧客情報・案件情報へのデータ登録機能を搭載しない場合には保管料は発生しません。

クラウドビートの評判

クラウドビートを実際に利用し、業務改善に役立てている事例を紹介します。クラウドビートは運用目的に合わせたカスタマイズ化によって見た目や操作手順が大きく異なるので、さまざまな事例を確認しておくとよいでしょう。

公式サイトからは営業スタイルの特性・課題と活用ポイントをまとめた事例集を請求することもできます。

シンプルな操作でできる顧客管理

導入時に顧客情報をエクセル・CSVなどで提供すれば、クラウドビート上に移管した状態でスタートできます。その後の新規顧客の登録や情報の追記もシンプルでユーザーのIT知識レベルを問いません。営業プロセスに合わせたステータス管理や地図情報とのリンクなども設定できます。

豊富なカスタマイズ例でどの会社にもぴったり

クラウドビートには豊富なカスタマイズ実績があり、業種業態を問わずに活用できるとして中小企業から支持を得ています。営業セクションの課題解消のため、実際に以下のような目的での導入例が報告されています。

・移動時間・所要時間を考慮した社用車の配置運営計画
・製造業の棚卸と在庫管理、販売管理(請求から入金、売掛まで)
・現場で撮影した画像を活用した作業実績・勤怠管理
・SNS風の社内掲示板で交流活性
・営業日報・コンタクト履歴・プレゼン資料の確認、共有
・営業報告書をそのままPDCAサイクルチェックに活用

オプションでデータ変換サービスも利用可能 便利

顧客情報や売上高の動向はSFA・CRMシステムだけでなく、経理ソフトへの入力が必要だというケースも多くあるでしょう。複数のシステムへ転載・手入力をしていては、ヒューマンエラーのリスクが避けられません。

クラウドビートを提供しているハートビートシステムズでは、データ変換クラウドサービスも行っており、主システムから二次システムへの一括登録が可能です。市販のパッケージソフトへも対応可能なので、必要な方は一度相談してみましょう。

クラウドビートの評判 確かめてみるなら無料のお試しを

クラウドビートは現在流通しているSFA・CRMシステムを研究して、日本の中小企業にマッチした機能を集約しつつ、独自のコンサルタント視点で企画・設計されたITソリューションです。各企業への丁寧なヒアリングと課題解決のための提案力に定評があり、すでに多くの実績をあげています。

無料期間にこれらの特徴を体験できるのは大きな魅力といえるでしょう。自社の営業プロセスに合わせてカスタマイズ化されたSFA・CRMシステムを確かめてみてはいかがでしょうか。

BACK TO LIST

おすすめ記事