営業ナレッジ

文系もセールスエンジニアになれる?

ITが世の中に普及し始めると、現在存在するいくつかの職業が消えてしまうと言われています。それは、ビジネスの構造の変化により起こるもので、将来的にはさらに大きな変化が予想されています。

そんな中で、これからの社会でさらに価値が上がるとして注目されている職種があります。それは「セールスエンジニア」です。「セールス」の部分と「エンジニア」の部分を併せ持ちます。システムの専門知識がある人が営業の部分も受け持ち、一人二役の仕事ができるのです。

効率化重視のビジネス界で注目の職種に就いてみたいけれど「文系出身だから」と不安をお持ちであればぜひご一読ください。

文系のITキャリア セールスエンジニアは十分な可能性あり

エンジニアと言えば専門の知識などを要するため「理系」の仕事だと思われていることがよくあります。しかし、実際にはエンジニアとセールスを兼ねる「セールスエンジニア」には文系出身の人も多くみられるようです。

セールスエンジニアになりたいけれど「文系だから」と諦める必要はありません。むしろ、文系であるからこそ成功している人も多く存在しているのです。十分な可能性があると言えます。

文系セールスエンジニアのキャリアパス

「文系セールスエンジニア」になるには、どのような方法があるのでしょうか。セールスエンジニアのキャリアパスをご紹介します。

さまざまな経験が文系セールスエンジニアとしてスキルアップさせてくれます。

入社後、営業部に配属

入社後に営業部へ配属されるパターンが多いようです。営業部であれば文系出身者も多いもの。相手にプレゼンすることが得意な方も多いのではないでしょうか。

まずは営業のノウハウを身につけ、相手とのやり取りのスキルを高めることが大切です。

製品知識を吸収しながら経験を積む

巧みな話術ができたとしても、相手から信頼を得るためには、やはり「商品知識の豊富さ」が必要となります。商材によっては文系出身の方からしたら、やや苦手な分野となる場合もあるかもしれませんが、製品知識を吸収しながら経験を積むことは、セールスエンジニアとして避けて通ることはできません。

いかに相手に分かりやすく商品の詳細を伝えることができるかということを工夫しながら、スキルを磨いていきましょう。

スキルアップで転身

営業職に身を置きながら、知識を吸収し充分に経験を積んだら転身することも可能になります。

セールスエンジニアは豊富な知識と高いコミュニケーションスキルが必要となるため、メーカーやIT企業では市場価値が高いものとなります。ただし、企業側が求める人材のスキルも高いものとなりますので、さまざまな企業でも通用するスキルを身に着けることが重要です。

文系セールスエンジニアを目指す秘策とは?

エンジニアは理系の分野だと思い込みがちですが、実は文系でも充分に目指すことができる職種です。実際にIT業界では、全体の3分の1が文系出身者です。

しかし、エンジニアの基礎知識がある理系出身者と一緒に働くには、さまざまな頑張りも必要となります。文系セールスエンジニアを目指す秘訣をご紹介します。

理系セールスエンジニアから「頭一つ」抜けるには?

多くのシステム知識を持った理系出身者が多いセールスエンジニアの世界で「頭一つ」抜けるには、「文系の強みを生かす」ことがポイントになってきます。

文系出身者が長けているスキルとして、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、計画書・報告書などの文章をかく能力、語学力などが挙げられます。これらはセールスエンジニアにとってなくてはならないスキルだと言えます。

システム知識を取り入れつつ、自分の持つスキルをさらに磨くことが大切です。

資格は取っておく

セールスエンジニアになるために資格は必要ありません。しかし、役に立つ資格はあります。

一般的なものとして「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「ITストラテジスト試験」などがあります。休日にコツコツ勉強するなどして、資格を取っておきましょう。

知識を得るためだけでなく、キャリアアップの際などにも履歴書に明記できるのでスムーズに話を進めることができます。

チャンスを狙う 待っているだけではチャンスが来ない

自分のスキルを生かすことができるチャンスがきた時には、積極的に狙っていきましょう。基礎知識が劣るからなどの理由で消極的になっていては、経験を積むことができず、知識も増やすことができません。

自分が他の人より長けている部分に自信を持ち、積極的に行動することが大切です。

コミュニケーションとプレゼン能力を伸ばすと強い

文系の持つスキルの中でも「コミュニケーション能力」と「プレゼン能力」は特に役立つものだと言えます。

商品についての深い知識があっても、それを相手が理解できるようなプレゼン能力がなければ魅力を伝えることはできません。また、営業にとって大切な「相手からの信頼」を得るためにもコミュニケーション能力は欠かせません。

文系の強みのこれらをより伸ばすように心がけましょう。

文系セールスエンジニアの将来像

これからITは社会の中で今以上に必要不可欠なものとなります。文系のセールスエンジニアは、さらに活躍の場が増えてくることは間違いないでしょう。

文系出身者がセールスエンジニアとして活躍できる将来像をご紹介します。

人手不足時代 仕事はすでに非常に多い

セールスエンジニアという職種に限らず、昨今の日本の企業は「人手不足」という問題に直面しています。その中でも「IT」という業界は、情報化社会が進んでいく中で、さらに人手不足が予想されています。

セールスエンジニアを目指す人にとっては、より好条件で働くことができるため価値は高まっていくものとみられます。「セールス」と「エンジニア」のみの仕事であっても、人手不足である現状をみると、この両方を併せ持つ「セールスエンジニア」はより重宝されるでしょう。

需要が増える DX時代のエンジニア・顧客の間の「通訳」?

社会のあらゆる領域でITが活用されるようになると、これまでより人々の生活と共存していくこととなります。このDX時代(デジタルトランスフォーメーション:進化し続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていくという概念)に文系エンジニアは、これら「IT」と「人または企業」をつなぐ「通訳」のような役割として、おおいに活躍できる可能性があります。

特に複雑なシステムについては、全てを理解することがなかなか難しいものです。しかし、これらのシステムは利用する側が「使うこなせること」で役に立つものであるとも言えます。分かりやすく顧客にプレゼン・フォローをすることが大切になると考えます。

さらにスキルアップで高給が可能に

セールスエンジニアはこれからも高い報酬が見込まれますが、さらにスキルアップで更なるアップが可能となります。

「セールス」「エンジニア」だけでなく、通訳やコンサルティング、カスタマーサポートの経験などがあれば、さらに強みとなります。ITの専門知識やコミュニケーション能力以外にも、これからのビジネス界で役に立つスキルを積極的に身につけましょう。

文系セールスエンジニアも努力次第で「ハイエンドキャリア」へ

「セールス」と「エンジニア」の両方を併せ持つ「セールスエンジニア」。理系有利の世界のように感じられますが、実際には文系のスキルが役立つ場面が数多くみられます。

また、これからさらに需要が高まる職種であると言えますので、セールスエンジニアを目指しているのでれば、自身の文系スキルを磨きつつ、システムなどの製品情報を学び続けることが大切です。

自分自身の努力次第でどこまでも成長できる「ハイエンドキャリア」のセールスエンジニア。文系出身だからこそ自信を持って挑んでみませんか。

BACK TO LIST

おすすめ記事