• HOME
  • 営業DX
  • 広告運用を代行するメリットは?代行サービスの料金・選び方
2022.01.21

広告運用を代行するメリットは?代行サービスの料金・選び方

広告運用を考える

リスティング広告運用は外注できる

従来はテレビCMや新聞広告などのマス広告が主流でしたが、インターネットやスマートフォンの普及により消費活動や情報収集がオンライン化したことで、近年はWEB広告の効果が高まっています。

バナー広告やSNS広告などさまざまなWEB広告があるなかで、多くの企業が取り組んでいるのがリスティング広告です。リスティング広告をうまく活用すれば、多くの消費者に自社製品やサービスの魅力をアピールすることができます。

しかし予算やマンパワーなどリソースが限られており、リスティング広告の運用が難しい企業も少なくありません。そこで検討したいのがリスティング広告の運用の外注化です。

今回は、リスティング広告運用を代行してもらうメリットや代行サービスの選び方を説明するので、外注化を検討している人はぜひ参考にしてください。

まずはリスティング広告の概要をおさらいしよう

広告運用の代行について理解するまえに、リスティング広告の概要や仕組みについておさらいしましょう。

リスティング広告は主に2種類あり、検索エンジンの検索結果に表示される「検索連動型広告」と、WEBサイトやアプリなどの広告枠にユーザーの興味・関心に対応した広告が表示される「コンテンツ連動型広告(ディスプレイ広告)」があります。

検索連動型広告では、ユーザーがキーワードを入力して検索した際に表示される検索結果ページにおいて、自然検索のランキングの上部や下部に表示される広告です。「広告」と表示されているため、リスティング広告と自然検索のWEBページの見分けがつくようになっています。

一方のコンテンツ連動型広告は、ユーザーの属性やWEB行動などからターゲティングをして、そのユーザーの興味・関心に沿った広告を表示します。WEBサイトやアプリなどの広告枠に出稿でき、画像や動画の広告も可能です。

ちなみにリスティング広告はクリック課金制です。ユーザーが広告をクリックするたびにコストが発生する仕組みになっています。

広告運用でリスティング広告がおすすめな理由

広告運用でリスティング広告がおすすめな理由

リスティング広告は、数あるWEB広告のなかでも多くの企業が取り組んでいる広告です。多様なWEB広告がありますが、なぜリスティング広告は多くの企業に支持されているのでしょうか。

リスティング広告がおすすめの理由を3つのポイントから解説します。

興味や関心の高いユーザーにアプローチできる

リスティング広告は、検索キーワードやユーザーの属性などで広告を表示するため、興味・関心の高いユーザー層にアプローチできます。

たとえば「保湿クリーム おすすめ」と検索しているユーザーは、保湿クリームをほしいという顕在ニーズをもっています。検索連動型広告ではそのような顕在層の検索結果に広告を表示できるため、商品購入やトライアル申し込みなどのコンバージョンにつながりやすいでしょう。

コンテンツ連動型広告の場合も、ユーザーの属性やWEB行動などからターゲティングが可能なので、一定以上のニーズをもっているユーザー層に広告を表示できます。

「顕在層にリーチしたい」「コンバージョンにつながるユーザーを取り込みたい」と考えている企業には、リスティング広告がおすすめです。

タイムリーに効果を検証できる

広告運用を成果につなげるためには効果測定が欠かせません。リスティング広告は多少のタイムラグがあるものの、ほぼリアルタイムで数値を測定できるため、スピーディな効果測定が可能です。

たとえば効果の低いキーワードの出稿を続けていても、無駄なコストが発生してしまうだけです。リアルタイムで効果測定ができれば、効果の低いキーワードの出稿をやめて別のキーワードに注力できるため、予算を有効に活用できます。

また急なミーティングや会議などがあってもすぐに数値を出せるので、上長がすぐに広告運用の状況を確認できて迅速な判断につながるでしょう。

予算が限られていても広告運用できる

広告に充てる予算が限られている場合でも、リスティング広告であれば出稿が可能です。なぜならリスティング広告は予算を設定できるため、それ以上の予算額は配信されない仕組みになっています。

極端な例ですが、1日に数百円の設定でも広告出稿が可能なのです。マス広告は月に数百万円の予算がかかる場合もありますが、リスティング広告であれば大きく予算を抑えられるでしょう。

またリスティング広告はキーワードごとにクリック単価が決まっているため、クリック単価の低いキーワードで出稿すれば低コストでの運用が可能です。

ただし当然のことながら、広告費を抑えてしまうと広告の表示回数は少なくなります。またクリック単価の低いキーワードは、そもそも検索ニーズが少なく効果も低くなるでしょう。

そのためリスティング広告でもかける費用次第でその効果も変わってきます。

リスティング広告運用を代行会社に依頼するメリット

リスティング広告運用を代行会社に依頼するメリット

リスティング広告はさまざまなメリットがありますが、効果を出すためにはある程度の出稿回数が必要になりコストがかかります。また広告運用のスキルをもつ専門的な人材も必要になるでしょう。

しかし社内にリソースが不足しており、リスティング広告をうまく運用できていない企業も少なくありません。

そのような課題がある場合は、リスティング広告運用を代行してくれる会社に依頼するのも一つの手です。

広告運用を代行会社に依頼することで、さまざまなメリットを得られます。

自社業務に集中できる

リスティング広告の運用を代行してもらうことで、自社のリソースを割くことなく広告運用が可能になります。

社内リソースが不足している企業は、マーケティング専任の担当者を配置できないこともあります。そのため他の業務とマーケティング業務を兼任することもあり、広告運用をはじめとするマーケティング施策がうまく機能しません。

しかしリスティング広告運用を代行してもらえれば、社員は自社業務に専念することができるため、生産性が向上します。

また専任のマーケティング担当者がいる場合も、リスティング広告の運用負荷を軽減できれば、自社のマーケティング戦略の立案やPDCA業務などに専念できるようになり、マーケティング施策の精度が高まるでしょう。

広告運用の専門家に運用してもらえる

リスティング広告を効果的に運用するには、専門的な知識とスキルが必要です。しかし自分で学ぶとなると、学習の時間を取ることができずなかなか身につきません。

そこでリスティング広告に関するプロ集団である広告運用の代行会社に依頼することで、自分にはリスティング広告のスキルがなくても効果的に広告運用ができます。専門家ならではの視点での広告運用で、より予算を有効に活用できるのです。

また代行会社はリスティング広告の最新情報を得られます。アルゴリズムの変化や新しい機能などを活用した広告運用が可能になるため、自社で運用するよりも高い効果が期待できるでしょう。

広告運用の改善策が見つかる

リスティング広告運用の専門会社に代行してもらうことで、自社では発見できなかった広告運用の問題点が見つかることもあります。

たとえば「広告のクリック率は高いのに、コンバージョンにつながらない」という場合、検索キーワードやターゲティングの見直しをする人が多いでしょう。しかし広告をクリックした先の、広告LPやWEBサイトなどが問題の場合も少なくありません。

このような問題点はリスティング広告の初心者ではなかなか見つけられませんが、リスティング広告の代行会社は広告運用のプロなので、さまざまな課題に気づいてくれます。

LPやWEBサイトを改善することで、より効果的な広告運用が実現するでしょう。

リスティング広告運用代行の費用や料金相場

リスティング広告の運用代行を依頼する場合、どのくらいの費用がかかるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

代行会社によって料金体系は異なりますが、広告費の20%を広告運用代行手数料として請求している企業が多く見られます。

たとえば広告費を1カ月に100万円かける場合、手数料は20万円となります。代行会社に支払う金額は、広告費と手数料を合わせた120万円です。

また代行会社によっては、以下のように手数料のパーセンテージが変動する場合もあります。

  • 広告費〇万円までは手数料〇%、広告費〇万円以上△万円以下は△%
  • クライアントの業界・業種によってパーセンテージが変動

ほかにも手数料を固定にしている代行会社も見受けられます。たとえば「広告費〇万円までは手数料〇万円、広告費△万円までは手数料△万円」といった形式です。

どちらにせよ広告運用代行の手数料はかかるため、各社の料金体系を把握したうえで費用対効果を予測する必要があります。

リスティング広告の運用代行サービスを選ぶポイント

リスティング広告の運用代行サービスを選ぶポイント

リスティング広告は多くの企業が取り組んでいるWEB広告施策ですが、そのぶん代行会社も数多く存在します。それゆえどの代行会社が適しているのかを判断しにくい状況とも言えます。

それでは、リスティング広告の運用代行を依頼したい場合、どのようなポイントで選ぶと良いのでしょうか。選び方を4つのポイントから解説します。

自社の業界に精通したサービスを選ぶ

広告運用の代行会社はリスティング広告に関するプロではありますが、あらゆる業界の広告運用代行の経験があるとは限りません。

業界によってキーワードやターゲティングの特徴が異なるため、自社の業界の広告運用の経験がある代行サービスだと安心です。業界特有の状況を理解して広告を運用してくれるでしょう。

また担当者によっても経験が異なるので、自社の業界についての理解が深い担当者をつけてもらうのも一案です。

運用代行会社によっては、WEBサイトで今までの事例や実績を掲載していることがあります。自社の業界と近しい実績がないかチェックしておきましょう。

運用担当者と直接会えるか確認する

代行会社を選ぶときには、運用担当者と会って話ができるかどうかを確認しましょう。

代行会社のなかには、リスティング広告の運用担当者とクライアントと会って話をする営業担当者が異なるという場合があります。この場合、営業担当者に広告の戦略や要望を伝えても運用担当者にうまく伝わらないケースが多く見られます。

また細かい数値の動きは運用担当者にしかわかりません。しかし営業担当者を経由してしまうと、数値の動きや状況を把握しきれず、判断が遅くなってしまう可能性もあります。

営業担当者と運用担当者が同じ、もしくはミーティングで運用担当者も同行してくれる代行会社を選ぶと良いでしょう。

料金設定が分かりやすいサービスを選ぶ

料金体系が不明瞭な代行サービスは避け、わかりやすい料金設定にしている会社を選ぶようにしましょう。

手数料のパーセンテージや固定費を明記していないサービスは避け、公式サイトで料金体系を記載している会社を選んでください。

また手数料がパーセンテージの場合、広告費に応じて手数料も変動します。そのため代行会社は広告費の消化を優先し、重複キーワードや精度の低いターゲティングなどの広告出稿が増えてしまうことがあります。

だからと言って、固定費の手数料を設定している会社が必ずしも優良とは限りません。出稿した広告の成果が出ても出なくても継続して手数料が入ってくるので、質の低い広告を出稿している会社もゼロではないのです。

料金設定だけでなく、実績やサービス内容など総合的に判断しましょう。

精度の高いレポーティングができるサービスを選ぶ

多くの広告運用代行会社は、月次のレポートを提出してくれます。

レポートを確認することによって「自社の顧客層はどのようなキーワードで流入してくるのか」「コンバージョンにつながりやすいキーワードは何か」「1件のコンバージョン獲得にどのくらいの予算が必要か」などの情報を得られます。

これらの情報は、リスティング広告だけでなく自社の経営視点でも大きな資産となるでしょう。

代行会社を選ぶ際にはレポーティングの頻度や内容などを確認し、自社にとって価値のあるレポートを提出してくれる会社を選ぶことをおすすめします。

まずは複数のサービスを比較してみよう

まずは複数のサービスを比較してみよう

リスティング広告を効果的に運用したいのであれば、代行会社・代行サービスの利用を検討しましょう。広告運用のプロが、成果につながる広告を出稿してくれるはずです。

代行サービスを選ぶ際にはすぐに契約せず、まずは複数のサービスを比較することから始めてください。料金体系やサービス内容、実績やサポートなどを総合的に評価して比較するのがおすすめです。自社に最もマッチするサービスを選定してくださいね。

DOCUMENT DOWNLOAD
お役立ち資料
VIEW MORE
一覧に戻る