• HOME
  • 営業DX
  • ライターに記事作成を代行してもらうメリット|依頼時の注意点も解説
2022.03.29

ライターに記事作成を代行してもらうメリット|依頼時の注意点も解説

ライターに記事作成を代行してもらうメリット|依頼時の注意点も解説

ライターの業務は代行してもらうことが可能

オウンドメディアの運営は「ブランディングに繋がる」「広告費を削減して売上アップを狙える」などさまざまなメリットがあります。とはいえ、ただ文章をつらつらと書くだけでは効果は期待できません。効果の出るメディア運営には良質なコンテンツ作成が必須です。

しかし、企業によっては

「どのように記事を作成すれば良いかわからない」
「そもそも人材が不足していて、コンテンツ作りができない」

と、悩みを抱えているかもしれません。そこでおすすめが、コンテンツに重要な記事作成をライターに代行してもらうことです。今回はライターに依頼できる業務内容や、依頼するメリットを解説します。依頼する際の注意点も併せて解説するので、メディアを効率的に運用したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

ライター代行に依頼できる業務内容

ライター代行に依頼できる業務内容

ライター代行では、主に次の業務を依頼できます。
・各種メディアの記事作成
・SEO対策を考慮した記事のリライト
・ランディングページ用の文章作成
・ホワイトペーパー用の文章作成
・メルマガやSNS用の文章作成

文章は、あらゆる場面で必要です。そして場面により文章作成のコツは異なります。プロのライターであれば、場面に合わせた文章作成が可能です。それぞれ具体的に解説します。

各種メディアの記事作成

自社で運営している独自のメディアや、企業ブログに載せる記事の作成を代行してくれます。マーケティングに効果のある記事を作成するには、しっかりと構成を練る必要があります。また読者の興味を惹く魅力的なタイトルや、見出しも考えなければなりません。

そのため1本の記事が完成するまでには、多くの労力がかかります。スキルがなければ、継続的に質の高い文章を作り続けるのは難しいでしょう。ライター代行を活用することで、質の高いコンテンツを継続的に作り、発信することが可能になります。

SEO対策を考慮した記事のリライト

継続的にコンテンツを発信しているのに、なかなか成果が出ないと悩んでいる担当者もいるでしょう。もしかしたらそれは、SEO対策できていないことが原因かもしれません。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使ったマーケティング戦略のことです。検索結果にサイトを上位表示させるための対策のことを、一般的にSEO対策と呼びます。

どんなにコンテンツを量産しても検索エンジンに上位表示されなければ、ユーザーの目にはほとんど留まりません。ライター代行であれば、SEOを意識してライティングしてくれます。

またすでに作成した記事を、上位表示が狙えるようにリライトしてくれるので、サイト全体の質向上が期待できるでしょう。

ランディングページ用の文章作成

ランディングページ(LP)とは広告や検索結果を経由して、ユーザーが最初にアクセスする商品やサービス紹介のページです。1枚で商品の訴求から成約まで完結させます。訪問者が知りたい情報を1枚のページにまとめるため、ページが縦に長くなりやすいのが特徴です。

申込や注文までしてもらえる魅力的なランディングページを作成するためには、ただ文章を作成するだけでは不十分です。悩みへの共感、購入することで得られるベネフィット、迷っているユーザーの背中を押すことを意識した文章を考える必要があります。

このような文章をつくるためには、セールスライティングのスキルが必要です。より効果的なランディングページを作りたいのであれば、豊富な実績を持ったライターに代行を依頼するのがおすすめです。

ホワイトペーパー用の文言作成

マーケティングにおけるホワイトペーパーとは、企業のノウハウや分析結果などをまとめたWeb上の資料のことです。最近では多くの企業が、リード獲得やユーザーの満足度向上のための施策として取り入れています。

「資料ダウンロードはこちらから」「ノウハウプレゼント」などの文言を、企業サイト上で目にしたことはないでしょうか。そこからダウンロードできるのが、ホワイトペーパーです。

ランディングページ同様、効果的なホワイトペーパー作成にも、セールスライティングのスキルが求められます。リソースが足りないけど、ホワイトペーパーを作りたいという場合は、ライター代行に依頼することで解決できるでしょう。時間をかけることなく、質の高いホワイトペーパーが作成できます。

メルマガやSNS用の文章作成

メルマガやSNS用の文章作成もライター代行に依頼できます。メルマガはインサイドセールスするうえで有効な手段ですが、読み流されてしまいがちなのがデメリットです。開封すらしてもらえないことも多くあります。

最後まで読んでもらうためには、効果的なタイトル付けや、魅力的な本文を書くことが大切です。またSNSも多くの人が情報発信しているため、SNSに合った発信方法、魅力的な内容でなければ埋もれてしまい見てもらえません。

実績のあるライターの力を借りることで、効果的なメルマガ文章の作成、各SNSの特徴に合わせた発信を継続的にしてくれます。代行に任せれば、自社のリソースにも余裕ができるでしょう。他の業務に集中できるので、効率的なマーケティング活動が可能となります。

ライター代行に執筆を外注するメリット

ライター代行に執筆を依頼するメリットはさまざまですが、ここでは次の3つのメリットを解説します。

・コストを抑えて記事を作成できる
・高品質なコンテンツに仕上げられる
・継続的な情報発信が可能になる

それぞれ具体的に解説します。

コストを抑えて記事を作成できる

ライター代行に記事を依頼することで、コストを抑えながら大量のコンテンツを作れます。もし自社だけで大量のコンテンツを作成しようとすれば、専門のライターを雇ったり、他の従業員が本業と兼務しながら作業したりする必要があるでしょう。

しかしそれでは時間的にも金銭的にも、人的にも大きな負担がかかります。ライター代行であれば必要な記事分だけの費用で済むので、コストを抑えたコンテンツ作成が可能です。

例えば1日1記事アップを目標としている場合、月に約30記事必要となります。ライター代行に依頼した場合の費用例は以下のとおりです。

【費用例】

1文字4円×3,000文字×30記事=360,000円

上記は一例であり、1文字あたりではなく記事単価で計算するケースもあります。また執筆ジャンルや文字数、依頼先によって文字単価は変わるので、これ以上にコストがかかる可能性もあります。しかし、もしライターを正社員で雇えば、それ以上の費用がかかる可能性が高いでしょう。教育コストもかかります。それに比べると、ライター代行はコストを抑えた記事作成が可能となるのです。

高品質なコンテンツに仕上げられる

大量のコンテンツを作成できても、検索エンジンで上位表示できなければ意味がありません。前述したSEOも考慮して作成する必要があります。

プロのライターであれば、SEOを意識した高品質なコンテンツを作成してくれるので、スキルのないまま作成する文章よりも、上位表示を狙いやすくなります。

またライター代行には、さまざまな知識を持ったライターが在籍しています。そのため専門知識が必要な記事も、高品質に仕上げることが可能です。

継続的な情報発信が可能になる

高品質なコンテンツを継続的に発信するのは、なかなか難しいものです。他に業務があったり、リソースが不足したりしている場合は、後回しになってしまうことも多いでしょう。

しかし定期的な情報の更新がなければ、せっかくファンになったユーザーが離れてしまいます。メディアを使ったマーケティングで効果を出すならば、継続的に情報発信していくことが大切です。ライター業務を外注してしまえば、高品質な記事を定期的に発信することも可能になります。

なかには記事作成だけではなく、メディアへのアップ作業をしてくれるサービスもあるため、運営の丸投げも可能です。社内の負担を抑えつつも、効果的なメディア運営ができるでしょう。

ライター業務を代行してもらう際の注意点

ライター業務を代行してもらう際の注意点

ライター業務を外注する際は、いくつか注意点があります。「記事が思っていたものと違った」とならないためにも、留意しておきましょう。

依頼内容やレギュレーションを決めておく

依頼内容やレギュレーションは、しっかりと決めておくことが大切です。こちら側の意図がライターに伝わらなければ、想像と異なるコンテンツが納品される可能性があります。次のようなことをレギュレーションとしてまとめておくとよいでしょう。

・読んでほしいターゲット像
・上位表示を狙うキーワード
・禁止表現
・表記
・文体(です、ますなど)
・目安文字数

またレギュレーションを決めておかないと、依頼したライターによって品質がバラバラになり、統一性のないコンテンツとなってしまいます。修正が増えれば、負担も増えてしまうでしょう。

レギュレーションを作成することで、複数のライターに依頼していても、統一性のあるコンテンツをつくりやすくなります。「こんなはずじゃなかった」というミスマッチも防げるでしょう。

コピペチェックを実施する

記事をアップする前のコピペチェックは必須です。高品質の記事を納品する外注先が多いなかで、コピペした記事を納品する悪徳な外注先も残念ながら存在します。もしコピペした記事をアップしてしまえば、企業全体の信頼を落とすことにもなりかねません。

また執筆ジャンルによっては、コピーしていなくても似たコンテンツに仕上がってしまうこともあります。外注先の信頼に関係なく、コピペチェックは必ずしましょう。レギュレーションにも、納品前にコピペチェックするように記載しておくのがおすすめです。

コピペチェックは無料でできるツールもあるので、上手く活用してオリジナルの高品質コンテンツの作成に努めましょう。

ライター代行業者ごとの違いを比較してから依頼先を決めよう

ライティング業務をライター代行に依頼するメリットと、注意点を解説しました。高品質なコンテンツを継続的にアップすることによって、コンテンツマーケティングで成果を出しやすくなります。しかしリソースが足りない、スキルがないなどの理由から作成が難しいと悩む担当者の方もいるでしょう。

そのようなときは、ライティング業務を社外へ依頼することで解決できます。代行先によって得意分野や費用が異なるので、いろいろ比較して選びましょう。依頼する際はミスマッチを防ぐためにも、レギュレーションを細かく作成するのがポイントです。上手く代行を利用すれば、コストを抑えたメディア運営が可能となるでしょう。

DOCUMENT DOWNLOAD
お役立ち資料
VIEW MORE
一覧に戻る