記事制作の代行サービスとは?メリットや代行会社の選び方などを解説

リモートワーカー

記事作成の代行で知っておくべき前提知識とは

近年、オウンドメディアを立ち上げる企業が増えてきました。コンテンツマーケティングにおいて、コンテンツ記事の作成は必須です。SEO記事の作成を自社でやろうとすると、時間も手間もかかってしまいます。そこで、おすすめしたいのが記事制作の代行サービスです。外部に記事作成を委託することでリソースに余裕ができ、効率的なオウンドメディア運営が可能になるでしょう。本記事では、記事作成代行の具体的な方法や相場、注意点などについてご紹介します。

記事制作の流れ

記事制作には、一般的な流れがあります。記事制作を進める前に、この流れを理解しておかねばなりません。具体的な流れは、以下の通りです。

・キーワードを決定する

キーワードの決定は、コンテンツ制作で極めて重要です。ユーザーはキーワードを検索して記事にアクセスするため、ターゲット層が検索するキーワードにする必要があります。

・ニーズを把握する

ニーズを把握することは、ユーザーの悩みや要望を把握することです。ニーズが把握できると、記事制作の内容や方向性も決まりやすくなります。決定したキーワードで検索して、ニーズを調べてみてください。

・対象ユーザーを決定

次は、対象ユーザーすなわちターゲット層の決定です。ターゲット層が決まらないと、発信するべき情報も決まりません。記事の読み手が明確になれば、ターゲットのニーズに合うコンテンツを制作しやすくなります。

・適切な執筆者を選定する

ユーザーにとって役立つ記事にするためには、適切な執筆者の選定が欠かせません。執筆者には、それぞれ得意分野があります。決定したキーワードと関連する記事を多く執筆しているライターが望ましいでしょう。

・タイトルを設定する

記事のタイトルを設定すると、導入文や見出しなどが書きやすくなります。簡潔で短く、キーワードが入っていることが必須です。なお、タイトルの文字数は25~32文字くらいしか表示されません。したがって、キーワードはタイトル前半に入れるとよいでしょう。

・導入文を書く

導入文は、読者を引き込む重要な部分です。記事タイトルの次に表示される部分なので、読者に興味を持ってもらう必要があります。問題提起や結果の掲示、記事を読むメリットなどを書くとよいでしょう。

・記事の見出しや構成を作成する

次は、記事の見出し・構成の作成です。記事の骨組みとなる大切な部分なので、大まかなコンテンツを考えます。キーワードを不自然にならない程度にちりばめてください。

・本文を執筆する

いよいよ、本文の執筆です。読みやすい記事にするため、専門用語をあまり使わないようにしましょう。ただし、専門家が対象の記事ならば、専門用語を適宜使用しても構いません。

・記事内容に合うようにタイトルやリード文などを調整する

一度記事を書き上げたら、記事内容に合わせてタイトルやリード文を調整します。タイトルやリード文にキーワードが適度に盛り込まれているか確認しましょう。

・校正

 最後にやるべきことが、校正です。読み直すと、わかりづらい表現や同じ語尾の連続などが見つかることがあります。一人だとミスを見逃すことがあるため、複数人で校正することをおすすめします。

・納品

納品方法は、wordやテキストファイル、WordPressなど様々あります。

記事制作代行を利用するメリット・デメリット

記事制作代行を利用するメリット・デメリット

自社コンテンツを充実させるために、記事制作代行を利用する企業は増えています。今後、記事制作代行を利用したい方も多いかもしれません。しかし、記事制作代行にはメリットがある一方で、デメリットもあります。利用前に、記事制作代行のメリット・デメリットの両方を理解しておきましょう。それでは、メリット・デメリットを一つずつ解説します。

メリット

・費用を抑えてコンテンツを拡充できる

記事作成依頼は外注費用がかかりますが、費用を抑えての記事作成も可能です。安価のため、一気にコンテンツを拡充したい方も依頼しやすいでしょう。ただし、より専門性が高い記事ならば、その分費用も高くなります。

・短期間でコンテンツを一気に充実させられる

記事制作代行を利用すると、短期間に大量の記事コンテンツを制作・アップできます。コンテンツが充実することで、検索エンジンから好評価されやすくなります。

・社員が自分の業務に集中できる

社員が記事制作する必要がなくなるため、自分のコア業務に集中しやすくなります。その結果、会社全体の仕事の生産性が向上するでしょう。

・専門スキルの高い外部の人材を活用できる

記事制作代行会社には、様々な分野で専門スキルの高いライターが在籍しています。専門知識が必要な記事を作成したい場合、その分野に精通しているライターに記事作成を依頼することが可能です。

・良質な記事をコンスタントにアップできる

良質な記事をコンスタントにアップできるのも、記事代行会社ならではの強みです。SEO対策の記事もお任せできます。また、ほとんどの会社に独自のルールやマニュアルがあるため、記事のクオリティを損なうことがありません。

デメリット

・記事の品質管理が難しい

ライターのスキルやレベルによっては、期待通りの品質にならないこともあります。特に、複数のライターに記事依頼した場合、記事の品質にばらつきが生じるかもしれません。とにかく質にこだわりたい方は、レベルの高いライターのみに依頼するという方法もあります。ただし、費用は高くなってしまうでしょう。

・代行費用がかかる

記事制作を外注すると、代行費用がかかってしまうのは避けられません。プランによっては、記事の単価が高くなるものもあります。特に文字数が多い記事や専門性が高い記事の場合、費用がかさみやすいでしょう。またオプションをつけることで、費用が高くなることもあるかもしれません。予算を決めてから、外注することをおすすめします。

記事制作を社内で行うメリット・デメリット

記事制作を社内で行うメリット・デメリット

記事制作を社内で行う場合は、ライターを雇用することが多いです。または、社内でライティングが得意な人材を起用することもあるかもしれません。いずれにしても、社内で記事制作する場合は、ライターのほかに編集やディレクターが存在することが必須です。それでは、記事制作を社内で行うメリット・デメリットについてご紹介します。

メリットの一つ目は、外注費用がいらないことです。社内で記事制作を行うため、外注費用がかかりません。記事制作に注力できる人材を確保できるならば、外注費用をカットすることができます。ただし、ライティングやSEOのスキルが必須となります。

二つめは、意図通りの専門的な記事ができることです。社内での制作の場合、意思疎通が図りやすいため、こまめに進捗確認ができます。自社の特徴や製品・サービスなどもしっかりと把握しているため、質の高い記事を制作しやすいでしょう。

デメリット

・SEO、ライティングのノウハウが必要

自社サイトへの集客を高めるには、SEO対策した記事が必要です。SEOやライティングのノウハウが既に蓄積されている会社ならば問題ありませんが、一からノウハウを蓄積するとなるとかなりの時間がかかってしまいます。

・人的リソースが不足しやすい

社内制作は、人的リソースが不足する傾向があります。一般的に、社員の多くは他の業務を兼務しているため、記事制作のみに注力することは困難です。突発的な仕事が発生したら、記事制作の継続またはコンスタントな記事制作が難しくなりやすいでしょう。

代行方法は2種類

オウンドメディアのコンテンツ充実を図りたい方は、記事制作の代行を検討してみてください。記事の代行方法は、クラウドソーシングと記事制作の代行会社の2種類があります。とにかく安価がいいのか、質の高い記事にこだわるのか、全てを任せたいのか、とニーズは様々です。それぞれの特徴を理解した上で、自社にとってどちらが最適か検討しましょう。


クラウドソーシング

クラウドソーシングは、不特定多数のライターが登録しているプラットフォームで発注する方法です。比較的安価なので、費用を抑えたい方におすすめです。ただし、ライターの質やスキルはさまざまなので、記事のクオリティにバラつきが出ることがあります。

また、ライターの選定や管理を自社でやる必要があるため、ライターと直接やりとりすることになります。

クラウドソーシングの具体例として、クラウドワークスとランサーズがあります。クラウドワークスは、国内シェア・取引数・ユーザー数ナンバーワン。登録費や手数料がないため、費用を抑えることが可能です。

一方、ランサーズは、顧客満足度・リピート率・運営実績がナンバーワンです。仕事内容は350種類以上と多岐にわたり、メディア運営に関する幅広い業務を行っています。ネットで最短当日に、発注することが可能です。

記事制作の代行会社 

代行会社は、記事に関わるすべての工程管理をしてくれるため、発注者の手間がかかりません。社員は、記事作成までの間、他の業務に専念できます。

クラウドソーシングより費用はかかりますが、その分クオリティの高い記事が多いです。記事作成に加え、SEOコンサルや記事掲載後の解析までも行うこともあります。インタビュー記事や専門性が高い記事コンテンツがほしい方にも最適です。

また、代行会社の場合、記事作成前に打ち合わせがあります。打ち合わせ時に、記事に対する要望や注意点、自社の製品・サービスの特徴などを伝えることができるので、希望通りの記事になることが多いです。

記事制作の代行費用の相場

代行費用をできるだけ抑えようと安さのみを追求すると、記事の質が落ちてしまう危険があります。

代行費用の相場は、基本的に文字単価と記事の文字数で決定します。初心者は0.5~1円、プロは2~5円が目安です。ライターのレベルが高いほど文字単価が上がります。

単価は一概に同じとは言えません。記事数、納品までの日にちによっては、単価が変わることもあります。

記事の質を落とさないようにしつつ、費用を抑えるには、様々な割引を利用するとよいでしょう。百記事以上の注文で割引、校正チェックがないプランにすると割引など、いろいろなサービスがあります。

記事作成の代行を依頼するときは、費用の相場をふまえた上で、自社のニーズに合う記事を作成できるところを見つけましょう。

記事制作の代行会社の選び方

記事制作の代行会社の選び方

記事制作代行会社に依頼することになったら、代行会社を決めましょう。記事制作の代行会社には、それぞれ特徴があります。どんなに良質の記事でも、自社のニーズにマッチしていなければ意味がありません。代行会社の選び方には、二つのポイントがあります。

SEO記事の実績

検索エンジンの上位に自社のウェブサイトを表示させるには、SEO対策を意識した記事でなくてはいけません。SEO対策に有効なコンテンツ記事の作成を依頼したい方は、SEOなどのスキルを要している会社かどうか、事前に実績を確認してみてください。

自社との相性

記事制作を依頼する場合、自社との相性は重要です。ミスマッチを防ぐためには、自社のテイストとマッチすることが望ましいです。代行会社で制作した記事をチェックすると、その会社の記事のテイストがわかるでしょう。

まず組織体制をチェックすることが必要です。別のクラウドソーシングに記事作成を依頼することもあるので、依頼した会社内で作業が完結しているかチェックしてみてください。

次に、十分なヒアリングをして、ニーズを理解してくれるかどうかです。十分なヒアリングなしで記事作成に進んだ場合、満足できる記事に仕上がらないことが多いでしょう。

三つめは、得意分野分野・専門分野が合っているかどうかです。万が一、自社のサービス分野と合わない場合、記事の質が下がってしまう傾向があります。代行会社の得意分野・分野を確認するには、過去の記事実績をチェックすることをおすすめします。

記事制作の代行会社おすすめ6選

記事制作の代行会社は、サービス内容や料金体系などにそれぞれ特徴があります。取材による完全オリジナルコンテンツが可能な会社もあれば、キーワード選定やサイト更新などの依頼が可能な会社もあります。自社に最適な代行会社を選ぶために、まずはそれぞれの会社の特徴を把握しましょう。

株式会社リファイド

リファイドは、記事制作サービス継続率90%以上、新規立ち上げしたメディアは100以上。記事コンテンツはニュース型とカラム型があります。そのほか、取材による完全オリジナルコンテンツも代行可能です。

また、この会社の大きな特徴に、業界初jの満足度保証付きがあります。記事の内容に満足するまで修正回数無制限でリライトしてもらえます。

サグーワークス

サグーワークスの創作製記事数は36万、国内最大級の記事作成サービスです。低価格・スピード納品のオンライン発注プラン、専属ディレクターと相談しながら決めるならオーダーメイドプランなどがあるので、予算に合わせて選べます。

ライターの獲得やアサイン、発注や納期管理などは全てお任せできるので、発注者の手間がかかりません。

エディトル
エディトルは、自社専用のオンライン編集チームを構築することができるのが特徴です。編集チームにはプロの編集者をアサインでき、記事の企画からチェック、進捗管理、ライターとのやりとりなどをお任せすることが可能です。

サービス内容は、SEO記事からインタビュー記事、スポット取材記事、記事リライトまで多岐にわたります。さらに、メディアの戦略部分からサポートするコンサルティングプランもあります。

コンテンツウォーカー

コンテンツウォ―カーには、リーズナブルなバックリンクコース、一般的な通常コース、excelやword納品にも対応可能なこだわりコース、記事内容を重視したい方に最適の最上位プレミアムコースなど様々なコースがあります。

 初回限定で10%引き、さらに1度の発注数100記事以上の場合割引にあるボリュームディスカント制度もあるので、大量注文する方はお得です。2回目からは無料でライターを指名できるだけでなく、NGライターも指定できるのも、特徴の一つです。

WITH TEAM記事作成(アフィリエイト秘書.com)

WITH TEAM記事作成は、10年で約80万のオリジナル記事を作成・納品しています。記事作成やサテライト作成サイトのほか、各種ツール開発の依頼も可能です。また、毎月同じライターを指名することもできます。 

3つのプランの中で最も人気のプランは、1文字1円のオリジナル記事作成プランです。校正チェックなしのプランは1割お得になるので、校正を自社でできる方にはおすすめします。2000記事以上注文する場合、文字単価は0.75円とお得です。

記事作成代行ドットコム
2011年創業の老舗である起業作成代行ドットコムは、400社の記事を代行した実績があります。納期厳守率98.24%。見積もりも最短即日とスピーディーです。記事作成代行のみの依頼だけでもよいし、キーワード選定やサイト更新作業などの依頼も可能です。

また、SEOに配慮した施策の提案、テープ起こしや電話インタビューなどの代行サービスもあります。納品方法も柔軟に対応できるのも、特徴の一つです。

記事制作を代行して生産性を向上させよう

オウンドメディアの運営には、高品質の記事が欠かせません。記事制作を代行すると、高品質の記事を拡充して、コンテンツの強化を図ることができます。

ただし、どんな記事制作代行会社でもよいわけではありません。安さやスピード感にこだわるだけでなく、自社との相性、SEOの実績があるかなどを慎重に判断してください。専門分野や得意分野が一致しているかも重要です。記事制作の代行を上手に活用することで、仕事における生産性を高めていきましょう。

DOCUMENT DOWNLOAD
お役立ち資料
VIEW MORE
一覧に戻る