Webライターの外注費用の相場はいくら?費用が決まる要素も解説

Webライターの仕事

予算内で記事制作するにはWebライターの費用相場を知るのが大切

Webライターに記事作成を外注しようとするとき、費用面が気になるという方は多いでしょう。業務を外注するとき、その費用相場を知っておくことは大切です。外部のライターを起用して質の高い記事を作成しても、外注費用が高くなりすぎると利益も損なわれてしまいます。

Webライターに依頼をするなら、まず外注費用の相場を確認しておきましょう。今回はライティングの外注費用の相場に加えて、ライターの報酬額を決定する要素と報酬額を決めるときの注意点についても詳しく解説していきます。

Webライターに記事制作を外注するときの費用

ここではWebライターに記事制作を依頼するときの、報酬システムとそれぞれの相場について解説します。全部で4つのパターンがあり、文字単価制、記事単価制、ページ単価制、そして時間単価制です。どのような報酬システムを採用するかは、仕事内容などによって変わってきます。

多くの場合、報酬システムは依頼する側が指定することになるでしょう。どの業務がどのシステムに適しているかをよく理解し、依頼者とWebライターの双方が納得して仕事を進められるように報酬額を決定しましょう。

文字単価

Webライターへの依頼で一般的なのが、文字単価制の仕事です。記事の文字数に1文字あたりの単価をかけて、ライターへの報酬額を算出します。例えば1文字2円の仕事であれば、5,000字の記事を書けば報酬は1万円です。

文字単価制はWebライターのレベルに合わせて報酬額を設定しやすいところが魅力です。おおよその目安として、未経験のライターであれば1文字0.3~0.5円程度、一般的なレベルのライターであれば1文字1円~3円、上級レベルのライターは1文字5円以上といった相場になります。なおライターのレベルに加えて、記事内容が一般的なものか専門的なジャンルかによっても文字単価は変動します。

記事単価

記事単価制もWebライターへの依頼でよく用いられる報酬システムです。依頼した記事数に1記事あたりの単価をかけて計算します。依頼する側は原稿料としてライターに報酬を支払い、記事を買い取ります。記事単価制は中級~上級レベルのライターへの依頼で多いシステムです。ただクラウドソーシングサイトでは初心者向けに1記事数百円の仕事もよく発注されています。

記事単価制はライターのレベルよりも、記事の種類によって価格が決まる傾向にあります。最も安価なのはモニター記事で1記事数百円程。ネット情報のまとめ記事が数百円~3,000円。SEO記事は3,000円~数万円。取材記事は3万円~10万円程が相場です。

ページ単価 

ページ単価制は紙媒体で一般的な報酬システムですが、Web媒体でも用いられるケースはあります。主にHP制作などの業務で1ページあたりの単価を設定して、ライターにページ丸ごと依頼します。この場合、ただ文章を書くライティングの業務にとどまらず、ページのデザインや画像編集も依頼に含めるケースが多いでしょう。そのためライター専門ではなく、WEBデザインなどの知識がある人材が必要になります。

費用相場はページの種類や情報量によって差がありますが、おおよそ1万円~20万円程度の高めの価格を見込んでおきましょう。

時給

1時間あたり何円という時間単価制は、分かりやすく言うと時給制です。業務委託の外注ライターの場合は、通常文字単価制や記事単価制で依頼するのが一般的です。ですが自社のオフィスに常駐してもらい、企画や編集から一緒に仕事をする場合は時給制のほうが分かりやすいでしょう。また他のライターに指示を出すディレクション業務や、記事の添削、効果の弱い記事をリライトする作業なども時給制が用いられます。

Webライターにライティング以外の業務を任せて時給で報酬を支払う場合、相場はおおよそ1,000円~5,000円程です。料金や給料は依頼する業務内容によって変わります。編集や企画など、より上流の工程を任せるほどに時給を高く設定するのがよいでしょう。

Webライターの費用相場が決まる要素

Webライターの費用相場が決まる要素

ここではWebライターへの費用相場が決まる要素について、より詳しく見ていきましょう。費用を設定する際のポイントはおおよそ4つ。記事の種類。記事の専門性。ライターのスキル。そして取材の有無です。

Webライターへの報酬を設定するのに、一般的な相場を知るだけでは十分ではありません。依頼する側は、その根拠となる記事の違いや作成にあたっての難易度を知っておく必要があります。またそれぞれの記事を作成するためのライターの知識や労力、時間的コストについてもしっかりと理解しておきましょう。

記事の種類

外注費用を決定する上で、依頼する記事の種類は重要です。種類によって記事作成の難易度や手間が変わりますので、しっかりとそれぞれの違いと費用相場を理解しておきましょう。

ブログなどで商品を使用した感想などを紹介するのがモニター記事。これはスキルも必要なく、文字数も300~500文字など少ないため最も安価なタイプの記事になります。費用は500円を切る場合が多いでしょう。読者に役立つ情報を伝えるコラム記事は、ネット上の情報をまとめるタイプでは1文字1円前後。専門の知識を必要とするものは1文字3円程度が相場です。

他にもSEO対策に特化した記事は記事単価3,000円~数万円以上、企業のメルマガ作成は月額制で1万円以上と、アクセス数アップや顧客獲得に直接貢献するような記事は費用も比較的高い傾向にあります。

記事の専門性

記事の専門性も価格を決定づける大きな要素です。特に医療や法律など読み手に重大な影響を与える分野では、googleなどの検索エンジンが記事の専門性を厳しくチェックしています。そのため現在では様々なWeb制作会社の編集部が、専門的知識のあるライター人材を獲得しようと尽力しています。在学中の大学生であっても医療や法律などの分野を専攻していれば、ライターとして開業してすぐに高い年収を得ることが可能なのです。

依頼する企業側も、専門的記事の値段は記事単価で1万円~10万円程度は見込んでおくようにしましょう。特に国家資格などを有するライターは貴重なので、自社サイトに必要な人材であれば高めの費用設定をして継続的に仕事を請けてもらえるようにすることをおすすめします。

Webライターのスキル

当然ながら、依頼するWebライターのスキルによっても費用は変わってきます。Webライターは特に資格なども必要なく、現在新しく副業として始める人も増えています。そのため10年以上経験があるようなベテランライターと、全くの初心者ライターとは報酬でしっかり差別化しなくてはなりません。

質よりもとにかくコンテンツ量を重視する場合は、1文字0.5円程度で初級ライターを沢山起用すると良いでしょう。逆にサイトの品質を上げるのが目的ならば、1文字3円以上の報酬で上級ライターを募集したほうがいいかもしれません。依頼しようとしているWebライターのスキルが費用に見合ったものかを確認するには、事前にテストライティングを受けてもらい判断します。

取材があるかどうか 

取材が必要な記事では、ライター側の負担が大きいために費用も高額になります。取材記事は週刊誌などがオンライン上の媒体に掲載するために依頼することが多く、取材記事を受けるライターはインタビューや撮影のスキルも備えています。そのような特殊スキルも考慮して、記事単価では3万円~10万円程度の見積になる可能性があります。

また取材時のライターの交通費が別途必要であったり、インタビュー時には時給が発生するパターンもあります。取材の場所や内容に合わせて、依頼する側とライター側の双方が納得できる報酬システムを設定しなくてはなりません。

Webライターへの費用相場を考える際のポイント

Webライターへの費用相場を考える際のポイント

最後に、依頼する側がWebライターの報酬を設定する際、考慮するべきポイントを見ておきましょう。ライティング作業を外注する場合、Webライターが実際にどのような仕事をしているのかは依頼する側の目には見えません。ですが1つの記事を作成するために、Webライターは企画立案や修正作業にも手間をかけている場合があります。

文字単価や記事単価で仕事を依頼するときも、Webライターがその仕事にどのような時間的コストを払うのかを意識するようにしましょう。相手の労力を報酬面で考慮したり、手間を減らすように依頼者側も工夫することで、Webライターとより良い関係を築くことができるでしょう。

企画の立案にかかるコストも考えて費用を設定する

Webライターに依頼する業務の範囲によっては、通常よりも高額な費用を設定したほうがいい場合もあります。例えばすでに構成や見出しが決まっていて本文を書くだけの仕事と、キーワードだけが決まっていて構成から考えなくてはならない仕事では、Webライター側の負担も変わってきます。

特に自社に記事作成のノウハウが無く、企画の立案からWebライターに任せたいという場合は、通常の相場よりも高い報酬を設定するべきでしょう。文字数では計れませんが、Webライター側は依頼主の目的に叶う企画を考えるための、時間的コストを払っています。工程の上流部分も任せられる優秀なライターには、適正な報酬を払って良い関係を築いておくべきです。

記事の納品から公開するまでにかかるコストも考える

記事作成後にもWebライター側で作業が必要な場合には、その点も考慮して費用を設定するべきです。記事をチェックした後の修正作業をWebライターに任せたいという方は多いでしょう。記事そのものに問題が無くとも、もっと盛り込んでほしい内容が見つかったり、サイトに合わせて体裁を整えてもらう場合もあります。またWordPressへの入稿までWebライターに依頼するケースもあるでしょう。

どれも依頼する側からすると、ライティングの一環と思われるかもしれません。ですがWebライターはこうした記事作成後の付随的な業務にかなりの手間と時間をとられています。依頼するときには、修正は一度で済ませるように明確な指示を出す、WordPressへの入稿作業には追加の費用を設定するなどの配慮が必要です。

仕事内容を総合的に考えてWebライターの依頼費用を決めよう

仕事内容を総合的に考えてWebライターの依頼費用を決めよう

今後ますますユーザーへの情報発信が重視される中、優秀なWebライターの確保は各企業の課題となっています。Webライターに記事作成を外注して継続的に成果を上げるためには、まずは適正な依頼費用の相場を知ることが大切です。

Webライターのスキル、記事の種類や専門性などをふまえて、双方が納得できる価格を設定しましょう。またライター側の労力や時間的コストに十分配慮すれば、良いWebライターを確保し、安定して自社メディアを運営していくことができるでしょう。

DOCUMENT DOWNLOAD
お役立ち資料
VIEW MORE
一覧に戻る