• アイドマを知る

  • AIDMAが目指すもの。

私たちが、会社として事業を行っている目的、ビジョン、

そしてビジョンを実現する為の戦略をまとめました。

これからますます加速化する少子高齢化の時代に、

私たちは事業を通じて、世界の可能性を広げていきます。

  • 1

    全ての人の夢の
    実現に貢献する

    アイドマ・ホールディングスという企業が存在している理由は、「すべての人の夢の実現に貢献する」為です。夢(ゆめ)とは将来実現させたいと思っていること。願望。願い。「すべての人の夢の実現に貢献する」という事は、「夢」を持てるような環境や社会の創出。「夢」を持つ人が、それを実現できるようなインフラやソリューションを提供するという事を指しています。

  • CHANGE WAKING,
    DREAM WAKING.

2

「少子化を止める」ではなく「潜在労働力の活用」を推進

「全ての人の夢の実現に貢献する」というミッションを実現する為に、私たちは「世界の可能性を広げる」会社を創る、というビジョンを掲げています。

そのビジョンを実現する為に、日本を含めた先進国が直面している、「少子高齢化問題」を生産性向上の観点と、
外部活用の観点から、解決の一助となり、グローバルに事業を行い、「世界の可能性を広がる」というビジョンを実現します。

3

実現させるための戦略

「少子化を止める」ではなく「潜在労働力の活用」を推進。

  • 日本が抱える課題「少子化」

    2005年、終戦の1945年を除いて初めて日本の総人口が前年を下回り、今もなお減り続けています。少子化が進むことで、2010年には8000万人以上いた労働力人口が、2020年には6700万人、2030年には6200万人まで減少すると想定されてます。

  • 働く意志のあるシニア層・女性に就労環境を創出

    労働力人口減少問題を解決するには、シニア層、女性の就労環境を創出することが不可欠だと考えています。弊社ではこれらの潜在労働力の就業支援を行うことでこの問題を解決します。

4

業務支援と就労支援で
企業と働く人々の課題を解決

  • 5

    未来の仲間たちへ

当社は「全ての人の夢の実現に貢献する」ことを経営理念とし、「世界の可能性を広げる」というビジョンを掲げています。この理念とビジョンを実現する第一歩として、私たちの住んでいる日本が抱える、労働人口減少問題の解決に繋がる事業に取り組んでいます。

労働人口減少によって影響を受ける可能性のある、あらゆる企業を業務面から支援し、一方で労働人口減少の中で新しい働き手として注目される、在宅ワーカー、シニアワーカー、クラウドワーカーの就労を支援することによって、社会的課題の解決に貢献し、今後はグローバルに事業を広げていきます。「世界の可能性を広げる」というビジョンの実現に向け、直近のステップでは株式上場や海外展開を準備しています。

私たちやこれからの世代が生きていく未来を、より良い未来にする為、これからも、より大きな社会問題の解決にチャレンジし続け、働く人一人ひとりがワクワクしながら働ける多くの機会を創っていきます。一生に一度の人生を、働くことで幸せに。共に挑戦していきましょう!!

代表取締役

三浦 陽平