社内インタビュー

ママワークスから在宅ワーカーデビュー!不安いっぱいで社会復帰された育児ママに今の様子をお伺いしてみました!

小川香菜子さん

元キャリアコンサルタントの小川さん。出産を期に退職され、頼れる親族も近くにおらずワンオペに近い状態で育児をされていましたが、娘さんが2歳になったことをきっかけに社会復帰したいと一念発起!ママワークスでお仕事を探し、在宅ワークに初挑戦されました。

2年以上のブランクがあっても仕事って見つかるの?求められるスキルに対応できる?育児と両立できる?多くの育児ママが同じように抱えている不安、小川さんの場合どうなったのでしょうか?ぜひご覧ください!

Profile: 小川香菜子さん/ご主人と2歳の娘さんと3人暮らし。地元で公務員として病院の経理や教育委員会の総務課、保険年金の窓口対応、特定健診の主担当など幅広く活躍されていましたが転居を伴う結婚を機に退職。その後派遣会社でキャリアコンサルタントとして勤務し出産を期に退職。現在は株式会社アイドマ・ホールディングスで在宅ワーカーとして事務の仕事に携わっています。

在宅ワーカーとして働くことを決意!仕事も決まり1ヶ月ほど経過した今の状況についてお伺いしました!

こんにちは アイドマ・ホールディングスの在宅広報スタッフ なるさわです。

今回は、2歳のお子さんを子育て中の小川さんが、初めて在宅ワークでのお仕事を探し、実際に始めてみた感想などをインタビューしました。在宅ワークを始める前に抱えていたお仕事への不安や育児との両立、その後どう変化していったのでしょうか?

在宅ワークを検討し始めたきっかけは?

私自身、お仕事をするのが好きなのですが、妊娠出産で一旦辞めたので、娘が2歳になって来年保育園どうしようとか、仕事を2年休んでいる状態に対する焦りが段々出てきたという感じです。

もう社会に戻れないんじゃないかという漠然とした不安がすごく出てきました。

社会復帰を検討し始めたのですが、すぐ近くに頼れる親族もおらず、主人が出勤している平日はいわゆるワンオペ状態なので、娘との時間を持ちつつも働くにはどうしたら良いかを考えた時に、やっぱり一番にひらめいたのが“在宅”というフレーズでした。

在宅ワークのお仕事探しはいかがでしたか?

まずは「在宅」というフレーズでお仕事を検索してみました。そこでママワークスを見つけました。

ブランクが2年あったので、求められるスキルに対応できるのか、ブランク自体をあまりよく思わない企業もいるのでは?など、本当にお仕事が見つけられるのかなという不安はすごくありました。

他にも不安などはありましたか?

この2年はコロナのこともあって日中に人と話すのは娘とだけで、それ以外の人と話す機会もなかったので、本当に社会に復帰できるのかとすごく不安でした。

また在宅ワークという働き方の仕組みが全くわかっていなかったので、私が持っているパソコンと環境だけでお仕事ができるのか不安でした。

在宅ワークのお仕事が決まり1ヶ月ほど経過したとのことですがその後いかがですか?

まずひとつめに、育児と仕事の両立に対する不安というのは、今のところ、何とか頑張ってできているかなと思います。

今はお仕事する時間を、娘の昼寝の時間、娘の就寝後、あとは主人の仕事が休みの日としているのですが、今までは平日の娘が昼寝している時間は夕食を作ったり、ちょっとした家事などをこなしていました。

ですが在宅ワークを始めるにあたってスケジュールを考え直し、これまで昼寝の時間にしていた食事の準備を朝のうちに娘と一緒にすることに変えたんですね。そうすると、娘もすごくやる気で手伝ってくれて、すごく楽しそうに「私もお料理するよー」と言ってくれて。その分、時間はすごくかかっちゃうんですけれども。

そこの大変さはありますが、娘にも負担をかけない形で生活のリズムを変えることができ、一番心配していたところが解消されてホッとしています。娘にとってもいい時間になっているなというのがすごく率直な思いです。

お子さんと楽しく過ごせる方法を見出されたんですね!仕事上の不安などはいかがですか?

仕事自体の進め方に関しては、いろいろなシステムや在宅をするにあたってのツールなど、今まで自分が知らなかったものが本当にたくさんあって日々感動しています。

私自身が特別なシステムを持っていなくてもできることが本当にたくさんあって、家にいながらミーティングができたり、クライアントさんとスムーズにやり取りができたり、すごく自然に、全く負担なく始められたことが驚きでした。

在宅での業務遂行はスムーズですか?

すごくありがたいことに上司が大変きめ細やかな配慮をしてくださるので不安に思うこともなくお仕事ができています。

気になったことも聞けばすぐ返信を頂けて、仕事の時間についても寛大に配慮いただけるので本当に負担なくできています。上司や、会社のおかげという所が大きいのかなと思っています。

意外だったことのひとつに在宅ワークの中で人間関係があります。

出勤するのと同じような人間関係を構築できるとは全く思っていなかったので、人間関係が仕事上で築けたということが正直予想もしてなかった発見でした。

ご自身のなかで変化などはありましたか?

在宅ワークを始めてから、タイムマネジメント力が身に付いたと実感しています。

またこの2年間、育児一色だったのと、コロナもあって人と接することが制限される状態が続いていたので、念願のお仕事が再開できて、やっと社会人として改めて社会と繋がれたなとやりがいを感じています。

お仕事関係の方々とやり取りすることで日常生活が大きく変わり、彩りが出て本当に毎日の生活に張り合いが生まれました。

在宅ワークという働き方に対して感じたことなどありますか?

まずひとつ、すごく時間を有意義に過ごせる働き方だなというのを感じています。

育児と家事をしている間に、移動時間なく、すぐに仕事を始めようと、パソコン開けたらすぐに仕事に入れるというのが無駄な時間がなくありがたく感じています。

その分、1日のスケジュールを組むことが大変なときもあるのですが、娘とお仕事をせずに過ごしていた頃よりも、出産前に一人で仕事をしている頃よりも、今人生で一番タイムマネジメント力が鍛えられていると思います。

もう1点、娘に働いている私の姿を見せられるところが大きな魅力だと感じてます。

というのも、私がバリバリ働く母の姿を見て育っていて、その背中から学ぶことが多かったんですね。私自身も仕事が好きなのでいつか娘に働いている姿を見せたいなという思いがあり、実現できていることがすごく嬉しいです。

あと始めて驚いたのは、お仕事の幅がとても広いということです。未経験からでもOKというお仕事もあれば経験者を探してますというお仕事もあって、多くの職種で募集があることに驚きました。

在宅ワークでキャリアが積めるとは思っていませんでしたが、今まで経験できなかったことに挑戦したり、自分自身が今まで培ってきたことをさらに深めたりして、在宅ワークでもしっかりとキャリアを積んでいけるよう頑張りたいと思っています。

これからの目標や理想などはありますか?

産前はキャリアコンサルタントという、仕事に関する悩みを抱えていらっしゃる方の相談にのる仕事をしていたのですが、いざ自分が出産を終え子育てしながら社会に戻ろうとしたとき、とても悩みました。

私はたまたま在宅ワークで検索してお仕事とご縁がありましたが、スキルを持っている方や、やりたいという思いを強く持っている方がここまでたどり着くことはまだまだ少ないと思うので、キャリアコンサルタントの立場として、在宅ワークという働き方やその可能性をお伝えできればと考えています。

あとは在宅ワークの場合、通勤型のお仕事と違ってハローワークのように相談できる場所が少ないと思います。いざ在宅で仕事を始めてみたら悩みが出てきたという事もあると思うので、そういう方々に対して、キャリアコンサルタントとしてお仕事の相談を聞いたりアドバイスができればと思います。

これから在宅ワークを始めたいけど、一歩踏み出せないという方に向けて、メッセージがあればお願いします

どんな風に始めたらいいのか迷っている方はきっとたくさんいらっしゃると思いますが、在宅ワークをするための環境やシステムが整っていて、非常にスムーズにスタートできたというのが一番の印象です。

まずは今の生活など、ご自身に負担のない範囲から始めてみると進めやすいと思います。きっと、想像以上のさまざまな可能性があるので、まずは始めてみることが環境や生活を変える大きな一歩かと思います 。

—ありがとうございました。

BACK TO LIST

おすすめ記事