記事制作を依頼するライターを探す方法とは?依頼時の注意点も解説

ライターに執筆を依頼

記事制作を誰に依頼するかは事業の成否に関わる

収益アップのためには、企業からの情報発信が欠かせない時代。自社サイトを充実させたいけれど、記事作成を担える人材がいないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。記事のライティングは資格なども必要無いため、社内の人材でまかなおうと考えがちです。しかし発信するコンテンツは、そのまま企業の顔ともいうべきもの。片手間で作成したり、十分なスキルが無い社員が作成してしまうと、逆に企業イメージを損なってしまうでしょう。

今回はそんな課題を解決するため、外注のライターに依頼する方法についてご紹介します。ライターを探す方法、良いライターの見極め方、さらには実際に依頼するときの注意点まで、詳しく見ていきましょう。

記事制作を依頼するライターを探す方法

外部のライターに記事制作を依頼するには、大まかに分けて2つの方法があります。複数のライターが登録している記事制作会社に依頼するのが1つ。もう1つがフリーで活動しているライターと個別に契約する方法です。

制作会社を通さない場合、ライターを自力で探す必要があります。その手段は自社サイト、クラウドソーシング、SNSなど様々です。ここではそれぞれの方法について詳しくご説明します。

自社サイトで求人情報を掲載する

一番お手軽なのは、自社のサイト内で「ライター募集」のページを設けることでしょう。ある程度の知名度・ブランド力のある会社であれば、サイトに興味を持ってのぞいてくれたライターが、ライター求人のリンクを見つけて応募してくれる可能性があります。最初から自社の商品やサービスに魅力を感じてくれている人材であれば、一緒に仕事がしやすいというのがメリットです。

しかしこれはかなり受け身な方法なので、緊急にライターを必要としている場合には不向きです。自社サイトを利用するなら、社内の人材でもある程度はコンテンツ作成業務を回していけるうちから早めに募集をかけるようにしましょう。

記事制作会社に依頼する

自力でライターを探すのではなく、記事制作会社に依頼するという方法もあります。制作会社は常時ライターを複数人抱えていて、依頼があればすぐに手配することができます。ほとんどの場合、編集や校了・校正作業、ライターとのやり取りもすべて制作会社に任せられるので、依頼する側はかなり手間を省くことができます。また一度に大量の記事作成依頼もできるのがメリットです。

記事制作会社に依頼する場合に気になるのは手数料です。手厚いサービスが受けられる分、どうしても個別のライターに依頼するよりも料金は高くなってしまいます。記事制作会社に依頼する前には、コンテンツ作成にかけられる予算の枠をしっかりと固めておき、予算内に収まるサービスを探すようにしましょう。

クラウドソーシングで依頼する

ライターとの個別契約でありながら、比較的手間がかからないのはクラウドソーシングで依頼する方法です。クラウドソーシングはオンライン上で個人に業務をアウトソーシングできるサービスで、クラウドワークスやランサーズなどのサイトが有名です。個人のライターとの契約ですが、発注や報酬の支払いなどは、サイト上のフォーマットを利用するので比較的手間をかけずに進められます。ライターを探すときにも、サイト上のプロフィールや実績一覧をチェックできるので、求める人材が見つかりやすいのがメリットです。

ただサイトに登録しているライターのスキルにはかなりのバラつきがあり、企業側に良いライターを見極める力が必要になります。慣れないうちはスキルが低いライターに依頼してしまい、思った成果が得られなかったという失敗もあるでしょう。

SNSやブログ、雑誌などを経由して依頼する

ライター側が発信している情報を頼りに探す方法もあります。フリーで活動するライターには、自身のブログやSNS上に実績などをアップして仕事の依頼を受け付けている人もいます。また雑誌やウェブサイトの記事には、最後に執筆者の名前や簡単なプロフィールが載った記名記事もあります。記名記事を基にしてライターを探せば、自社が求める分野で活躍している人材が見つけやすくなります。

ライターのSNSやブログを読んで探す方法は、手間と時間がかかることがデメリットです。求める人材を選定するまでに、自社の担当者は少なからず負担を強いられることになるでしょう。個人のライターに依頼できる仕事量には限りがあるので、労力に見合う成果が得られるかが重要です。

ライターに記事制作を依頼する際の料金相場

ライターに記事制作を依頼する際の料金相場

ライターに記事制作を依頼する場合の、おおよその料金の相場についても確認しておきましょう。ネット上のコンテンツの場合、記事作成の料金はほぼ文字単価制となっています。料金はスキルと内容によって大きな差があり、安ければ1文字1円を切る価格で依頼可能です。

経験の少ないライターに一般的な内容の記事を依頼するなら1文字0.3~0.5円程度、スキルの高いライターに専門的な内容で依頼するなら1文字5円以上する場合もあります。平均的な相場では1文字0.8円~1.5円を目安にするとよいでしょう。依頼する側としては安価であるに越したことはありません。しかし相場より安い価格で発注すると、ライター側の意欲が下がり、仕事の質が悪くなる恐れもあります。一般的な相場を意識しつつ、ライターのスキルや記事の専門性に応じて価格を設定するようにしましょう。

記事制作を依頼するライターを見つけるポイント

次に数多くいるライターの中から、良いライターを見極めるポイントについて見ていきましょう。大まかなポイントは3つ。過去の実績、コミュニケーション能力、そして実際のライティングスキルです。

ライターの選定は非常に重要です。スキルが足りなかったり、自社の求める分野の知識に乏しいライターを起用してしまうと、修正作業に追われることになります。またコミュニケーションがスムーズにいかないと、一緒に仕事をするのもストレスがかかります。限られた時間でライターを選定できるよう、しっかりとポイントを抑えましょう。

プロフィールや過去の実績を確認する

まずはライターのプロフィールや過去の実績をチェックしましょう。多くのライターはクラウドソーシングサイトやブログなどに、プロフィールや実績を載せています。このとき注意したいのは、自社が依頼しようとしている記事に近い内容の実績があるかを確認することです。

ライターは仕事の依頼を増やすため、有名企業での仕事などをアピールしているかもしれません。それを見て依頼する側はすごいライターだと認識するでしょうが、必要なのはあくまでも自社の依頼内容で成果を出せるライターです。法律系の記事を作成してほしいのに、美容系に強いライターに依頼するのはミスマッチといえるでしょう。ライターに依頼したい内容を伝え、そのジャンルでの実績を提出してもらえれば安心して依頼することができます。

コミュニケーションを取りやすいかチェックする

意外に重要なのが、ライターのコミュニケーション能力です。在宅ワークも増えている中、外注のライターとは顔を会わせることもないケースが増えています。しかしメールやチャットでもコミュニケーション力は必要です。特にレスポンスが遅いライターだと、仕事の納期をきっちり守ってくれるのか余計な心配をしなくてはなりません。マナーの悪いライターは、編集者への配慮が足りないといったトラブルも心配です。

また質の高い記事を作成するためにも、依頼する側とライターとの意思疎通は重要です。良いライターは、記事の目的やターゲットなどで不明点があれば放置せず、きちんと質問してくれます。これらが曖昧なままだと、記事が依頼の意図と違ったものになる可能性があります。スムーズにやり取りして意思疎通ができるか、依頼前のメールのやり取りなどで見極めましょう。

テストライティングの品質を確認する

実際のライティングスキルを確かめるには、テストライティングを行うのが一番です。依頼したい内容に似通ったテーマで記事を作成してもらい、求めるレベルに達しているのかチェックしましょう。このとき実際の業務を想定して、納期もきっちり設定することが大切です。

テストライティングでは一般的な文章力やその分野での知識レベルを見ることはもちろん、依頼する側の意図をきちんとくみ取った記事作成ができるのかもチェックしましょう。商品を宣伝してユーザーに購入させる、自社サイトのSEO対策など、それぞれの目的に叶う内容でなければなりません。またテストライティングの段階で仕様書を渡す場合は、ライターがきちんとそのルールを守っているかもポイントです。経験やスキルがあっても、独りよがりな仕事をするライターは避けるべきです。

ライターに記事制作を依頼する際の注意点

ライターに記事制作を依頼する際の注意点

ここからは実際にライターに記事制作を依頼するにあたって、注意するべき点をご紹介します。記事を作成するのはライターですが、依頼する側がきちんと準備をしておかないと、ライターも良い仕事ができません。継続的にライターに発注して自社メディアの品質を維持できるように、まずは社内の仕組みづくりに取り組みましょう。

ここでは目的の明確化、マニュアル作成、納品後のチェックという3つのポイントについて、それぞれ詳しく解説していきます。

記事制作を外注する目的を明確にする

まずは自社の中で、記事制作の依頼の目的を明確にし共有することが大切です。商品の宣伝なのか、コンテンツの品質を上げることなのか、サイトのSEO対策なのか。目的によって求めるライター像は変わるでしょう。目的を明確にしていないと経験年数や料金の安さだけを基準にしてしまい、ミスマッチが起こります。どんな記事を書いてほしいかを軸として、ライターの得意分野や文体の特徴などをチェックしましょう。

また依頼の意図を明確にしておくことで、実際に発注するときもコミュニケーションがスムーズに進みます。ライターとも記事の目的を共有しておけば、内容のズレもなく修正の手間を大幅に減らすことができるでしょう。

記事制作マニュアルを作成する

面倒に感じても、記事制作のマニュアルは準備しましょう。特に複数のライターに依頼をする場合、マニュアルの存在は必須といえます。プロのライターであっても、記事制作は依頼する側のマニュアルに従って進めることになります。マニュアルが無ければ、各ライターの記事のテイストがバラバラになり、統一感のないサイトという印象を読者に与えてしまうでしょう。

文末表現がライターによって異なっていたり、サイト内で禁止している表現などが乱用されていると、修正作業に追われてかえって手間がかかることになります。最初にきっちりとマニュアルを作成しておくほうが、その後の作業が効率的に進むのです。また特に重要となるキャッチコピーなどは、サイトの目的をふまえた作成ルールを設けておくことで、より効果的なコピーを作成してもらえるでしょう。

納品後はコピペチェックする

基本的なことですが、記事のコピペチェックも怠らないようにしましょう。プロのライターであれば、他サイトなどからの文章の流用が厳禁であることは常識です。しかし安価な料金で経験の無いライターに依頼する場合、あるいは大量にライターを採用して一人ひとりの信用性を見極めることができない場合など、コピペされた文章が納品されてくる可能性はあります。

googleなどの検索エンジンのアルゴリズムでは、コピペされた記事は検索結果で上位に表示されないように設定されています。コピペされた文章を含むサイトも検索エンジンからの信用度が下がり、せっかくのSEO対策が無駄になってしまう可能性もあります。コピペチェックツールなどを活用し、しっかり納品後のチェックをするルールを設けましょう。

スキルの高いライターを見つけて仕事を依頼しよう

スキルの高いライターを見つけて仕事を依頼しよう

企業の情報発信が重視される中で、優秀なライターを確保することは今後ますます重要となっていくでしょう。労力とコストのバランスからライターを探す最適な方法を選択し、ポイントを抑えて適切な人材を選定しましょう。もし良いライターと出会えれば、継続的に安定して記事制作を発注することができます。

記事の品質を一定以上に保つことで、サイトのアクセス数アップや商品やサービスの売上向上が見込めます。そのためスキルの高いライターは多くの企業が欲しい人材です。早いうちに良い人材を確保できるよう、ライター探しに力を入れましょう。

DOCUMENT DOWNLOAD
お役立ち資料
VIEW MORE
一覧に戻る