Sales Platform 10〜50人 営業の仕組み化業務効率化 ソリューション小売・卸売工事請負

導入後2か月で約20件の商談が成立!費用対効果を実感!

株式会社VictoryONE

代表取締役 林 良彦 様

ご利用中のサービス Sales Platform

- 課題

営業リソースが少なく、営業活動に集中できなかった

- 解決策

アイドマ・ホールディングスの営業リソースを活用し、新規顧客へのアプローチを実施

- 成果

導入後2か月で約20件の商談が成立。興味を持ってくれる企業も増加

株式会社VictoryONEは、東京都墨田区に本社を構え、電気通信工事などの工事請負事業を主な事業として行っている。その他、ソリューション事業として遮熱材である「サーモバリア」の販売、EC事業として自社サイトの運営も手掛けている。

同社は「自他共栄」という企業理念を掲げており、「携わるすべての方々のために」という経営理念をもとに事業を展開してきた。

「弊社では、今までさまざまな事業を展開してきましたが、営業リソースが足りていないという問題意識がありました。営業活動を私個人だけで進めているケースも多く、リードリストを作成したり、テレアポをしたりすることが難しい状況でした」と代表取締役の林良彦氏は語る。

株式会社VictoryONEとして、さまざまな営業に力を入れていこうと考えるなかで、営業リソースを外注したほうが良いのではないかと感じるようになったという。

アイドマ・ホールディングスから営業の電話を受けたことがきっかけ。課題にマッチしたサービス内容が魅力だった

「どのように営業をしていけば良いかを検討しているときに、アイドマの営業担当者から電話がかかってきました。弊社の営業方針について考えているタイミングだったということもあり、さらに話を聞きたいと思いました」(林氏)

その後、林氏はアイドマ・ホールディングスの担当者からサービスについて詳しい話を聞き、導入を決めた。

「営業支援ツールを販売している企業は他にもありましたが、他社サービスと比較することはあまりしませんでした。アイドマの担当者から話を聞いて、2020年11月頃に『Sales Platform』を導入しました」(林氏)

導入2か月で20件の商談が成立!アイドマの営業ノウハウが役に立った

「弊社では、主にソリューション事業における物販の部分で、アイドマさんに協力をお願いしています。他の事業で手が回らないということもあり、なかなか商談まで進むことが難しい状況でした。しかし、アイドマさんに営業リソースを提供してもらうことで、多くの企業から興味を持ってもらえるようになりました。2020年の11月に導入を決めてから、約2か月で20件ほどの商談が成立しています。最近では、商談を行ってから見積もりまで提示できるケースも増えてきています」(林氏)

また、営業のプロであるアイドマ・ホールディングスからさまざまな営業ノウハウを教えてもらっているという。

「営業をする際に使うトークスクリプトもアイドマさんに準備してもらっています。弊社からは営業で扱う商材についての情報を提供するだけで、クオリティの高いトークスクリプトを用意してもらえるので非常に助かっています。今までの営業手法としては飛び込み営業などが多かったですが、新しい営業の仕組みなどもアイドマさんからいろいろと教えてもらっています」(林氏)

営業のターゲットのリストアップも、アイドマ・ホールディングスの膨大なデータを活用して準備してもらっているという。

「自分ひとりで数多くのターゲットリストを作成するには、あまりにも時間がかかりすぎてしまうため、アイドマさんのデータを活用したアプローチ先のリストアップには助かる部分が大きい。いろいろなカテゴリーごとにターゲットを選定してもらえるのは大きな魅力だと感じています」(林氏)

アイドマ・ホールディングスとタッグを組んでさらなる商品展開をしていきたい

サービスを利用して半年以上が経過した林氏に、アイドマ・ホールディングスに対して改善してほしい部分がないか、を尋ねてみた。

「サービス自体にはかなり満足しているため、アイドマさんに改善してほしいということはあまり思いつかないですね。営業支援という部分だけではなく、弊社の活動に対して柔軟にサポートをしてもらっている印象があります。月に2回実施しているアイドマさんとの営業会議だけではなく、何かあったときは担当者にすぐに対応してもらえるのも非常に助かっています」(林氏)

さらに、サービスを利用した今後の展望についても話を聞いた。

「ソリューション事業で扱っている商材の数はまだ多くありませんが、これから扱う商品を増やしていきたいと考えています。弊社としては、お客様が本当に必要な商品やサービスを提供したいと考えていますので、引き続きアイドマさんとタッグを組んでやっていければいいなと考えています。さらに、工事請負事業のほうでも、アイドマさんに協力してもらえれば、新しい可能性が見つかるのではないかと考えていますね」(林氏)

アイドマ・ホールディングスは営業リソースが足りない企業のパートナーとして最適

林氏は、「Sales Platform」の利用を検討している企業へ向けたアドバイスも語ってくれた。

「アイドマさんの『Sales Platform』で最大のメリットは、費用対効果が非常に良いという点だと考えています。営業リソースを増やしたいときに、社員を1人増やそうとすると数十万円以上の費用が発生してきます。もちろん、社員に向けた研修なども実施する必要があり、なかなか効果が予想しにくい部分があると思います。営業のプロであるアイドマさんに外注することで、人員を増やすことなく、営業リソースが手に入れられるのは大きな魅力です。営業リソースが足りていないと考えている企業であれば、『Sales Platform』の導入はとてもおすすめです」(林氏)

株式会社VictoryONE

事業内容

工事請負事業・ソリューション事業・Eコマース/卸売事業

BACK TO LIST